新しいオブジェクト グループを作成し、カスタム プロパティを定義し、グループ タイプおよびオブジェクトをグループに割り当てることができます。グループを作成するときに、ポリシーを割り当てたり、ポリシーの選択をブランクのままにして、デフォルト ポリシーを適用したりできます。 vRealize Operations Cloud は、グループに関連付けられたポリシー内の設定に基づいて、グループ内のオブジェクトからデータを収集します。結果はダッシュボードとビューに表示されます。

カスタムのグループ タイプ、ポリシー、メンバーシップの割り当てを行う場所

グループ タイプ、ポリシー、メンバーシップを割り当てるには、[環境] をクリックし、[カスタム グループ] をクリックしてから、プラス記号をクリックして新規グループを追加します。新規グループ ワークスペースでは、メンバーシップ基準の定義、包含および除外するオブジェクトの選択を実行できます。

カスタム オブジェクト グループにポリシーを関連付けるには、グループ作成ウィザードでポリシーを選択します。オブジェクト グループに特定のポリシーを関連付けない場合は、ポリシーの選択をブランクのままにします。カスタム オブジェクト グループは、デフォルト ポリシーに関連付けられます。デフォルト ポリシーを変更した場合、このオブジェクト グループは、新しいデフォルト ポリシーに関連付けられます。

表 1. 新規グループ ワークスペース
オプション 説明
名前 オブジェクト グループの分かりやすい名前
グループ タイプ オブジェクト グループの分類新規のカスタム グループは、左側の [カスタム グループ] ナビゲーション ペインにある専用フォルダに表示されます。
ポリシー ポリシーを 1 つまたは複数のオブジェクト グループに割り当て、 vRealize Operations Cloud がポリシー内の設定に基づいてオブジェクトを分析し、定義されたしきい値に違反した場合にはアラートをトリガして、ダッシュボード、ビュー、およびレポートに結果を表示できるようにします。ポリシーは、グループ作成時にグループに割り当てることも、カスタム グループの編集ウィザードまたはポリシー領域から後で割り当てることもできます。
グループ メンバーシップを最新に保つ 動的オブジェクト グループでは、 vRealize Operations Cloud によって、定義されたルールに従ってグループ メンバーシップの基準と一致するオブジェクトが検出され、検索結果に基づいてグループ メンバーが更新されます。
[メンバーシップ基準の定義] ペイン

動的オブジェクト グループの基準を定義し、 vRealize Operations Cloud によってグループのオブジェクト メンバーシップが最新の状態に維持されるようにします。

  • [オブジェクト タイプ] ドロップダウン メニュー。仮想マシンなど、グループに追加するオブジェクトのタイプを選択します。
  • [メトリック]、[関係]、および[プロパティ基準] ドロップダウン メニュー選択したオブジェクトからデータを収集するために、 vRealize Operations Cloud が適用する基準を定義します。
  • メトリック。オブジェクト タイプに基づいて変化するデータ タイプ(属性)のインスタンス。メトリックは、オブジェクトからデータを収集するための測定基準として使用されます。たとえば、メトリックとしてシステム属性を選択することができます。属性とは、vRealize Operations Cloud がオブジェクトから収集するデータのタイプのことです。
  • 関係。オブジェクトと他のオブジェクトとの関係を示します。たとえば、仮想マシン オブジェクトに対して、vSphere ホストおよびクラスタのナビゲーション ツリー内に特定の単語を含む子オブジェクトであることを要件として指定できます。
  • プロパティ。オブジェクトの構成パラメータを識別します。たとえば、仮想マシンに対して、メモリ容量が 100KB を超えていることを要件として指定できます。
  • 追加。オブジェクト タイプに別のメトリック、関係、またはプロパティを追加します。
  • 削除。選択したオブジェクト タイプをメンバーシップ基準から削除します。あるいは、選択したメトリック、関係、またはプロパティ タイプをオブジェクト タイプの基準から削除します。
  • リセット。オブジェクト タイプの基準を、定義した最初のメトリック、関係、またはプロパティにリセットします。
  • 別の基準セットを追加します。グループに追加する別のオブジェクト タイプを追加します。たとえば、vCenter Server インスタンスとホスト システムを追跡する単一のオブジェクト グループを作成します。
  • [プレビュー] ボタン。メンバーシップ基準を定義したら、グループ内のオブジェクトのリストをプレビューして、定義した基準がオブジェクトのグループに適用可能であることを確認します。定義した基準が有効な場合は、適用可能なオブジェクトがプレビューに表示されます。基準が無効な場合は、プレビューにはオブジェクトが 1 つも表示されません。
[常に含めるオブジェクト] ペイン

vRealize Operations Cloud がオブジェクトからデータを収集するたびに、メンバーシップ基準に関係なく、グループ内に含めるオブジェクトを決定します。オブジェクトをグループに含めると、そのオブジェクトによって、メンバーシップに定義した基準が上書きされます。以前のバージョンの vRealize Operations Cloud では、このようなオブジェクトは許可リストと呼ばれていました。

  • [フィルタリングされたオブジェクト] ペイン。使用可能なオブジェクト グループのリストと各グループ内のオブジェクトを表示します。グループ内にオブジェクトを常に含めるには、グループのチェックボックスを選択するか、グループ内の個々のオブジェクトを選択して、[追加] ボタンをクリックします。
  • [追加] ボタン。オブジェクト グループに永続的に含めるには、選択したオブジェクトを右側のペインに追加します。
    • [選択したオブジェクトのみ]。選択したオブジェクトのみをオブジェクト グループに永続的に追加します。
    • [選択したオブジェクトおよび子孫]。選択したオブジェクトとその子孫をオブジェクト グループに永続的に追加します。
  • [常に含めるオブジェクト (n)] ペイン。包含リストに追加するオブジェクトをリストします。オブジェクトを含めることを確定するには、右側のペインのチェック ボックスを選択します。包含対象として選択されたオブジェクトの数は、このペインのタイトルの (n) 変数に反映されます。
  • [削除] ボタン。右側のペインで選択したオブジェクトを常に含めるオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトのみ]。選択したオブジェクトのみを、常に含めるオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトおよび直接の子]。選択したオブジェクトとその子を、常に含めるオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトおよびすべての子孫]。選択したオブジェクトとその子孫を、常に含めるオブジェクトのリストから削除します。
[常に除外するオブジェクト] ペイン

vRealize Operations Cloud がオブジェクトからデータを収集するたびに、メンバーシップ基準に関係なく、グループから除外するオブジェクトを決定します。オブジェクトをグループに含めると、そのオブジェクトによって、メンバーシップに定義した基準が上書きされます。以前のバージョンの vRealize Operations Cloud では、このようなオブジェクトは拒否リストと呼ばれていました。

  • [フィルタリングされたオブジェクト] ペイン。使用可能なオブジェクト グループのリストと各グループ内のオブジェクトを表示します。グループからオブジェクトを常に除外するには、グループのチェックボックスを選択するか、グループ内の個々のオブジェクトを選択して、[追加] ボタンをクリックします。
  • [追加] ボタン。オブジェクト グループから永続的に削除するには、選択したオブジェクトを右側のペインに追加します。
    • [選択したオブジェクトのみ]。選択したオブジェクトのみを、オブジェクト グループから永続的に除外するオブジェクトのリストに追加します。
    • [選択したオブジェクトおよび子孫]。選択したオブジェクトとその子孫を、オブジェクト グループから永続的に除外するオブジェクトのリストに追加します。
  • [常に除外するオブジェクト (n)] ペイン。除外リストに追加するオブジェクトをリストします。オブジェクトを除外することを確定するには、右側のペインのチェック ボックスを選択します。除外対象として選択されたオブジェクトの数は、このペインのタイトルの (n) 変数に反映されます。
  • [削除] ボタン。右側のペインで選択したオブジェクトを常に除外するオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトのみ]。選択したオブジェクトのみを、常に除外するオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトおよび直接の子]。選択したオブジェクトとその子を、常に除外するオブジェクトのリストから削除します。
    • [選択したオブジェクトおよびすべての子孫]。選択したオブジェクトとその子孫を、常に除外するオブジェクトのリストから削除します。
カスタム プロパティの割り当て vRealize Operations Cloud では、カスタム プロパティを定義して、さまざまなオブジェクトに関連する運用データを収集して保存することができます。カスタム プロパティは、文字列または数値のいずれかになります。新しく定義したカスタム プロパティを新しいグループまたは既存のグループに割り当てることができます。
  • プロパティ名。カスタム プロパティの名前を選択または指定します。
  • タイプ:カスタム プロパティのタイプをドロップダウン メニューから選択します。

    カスタム プロパティは、文字列または数値のいずれかになります。

  • 含める値。オブジェクトがグループに追加されるときにこのカスタム プロパティに割り当てられている必要があるカスタム プロパティ値を指定します。
  • 除外する値。オブジェクトがグループから除外されるときにこのカスタム プロパティに割り当てられている必要があるカスタム プロパティ値を指定します。
  • [リセット]。カスタム プロパティをゼロでない値にリセットします。
  • [削除]。カスタム プロパティをグループから削除します。
  • [別のカスタム プロパティの追加]。別のカスタム プロパティをグループに追加します。