Service Now のチケット発行システムを vRealize Operations Cloud と統合する場合に、Service-Now 通知プラグインを追加します。Service Now は、 vRealize Operations Cloud でアラートがトリガされるたびにインシデントを作成します。

Service-Now 通知プラグインを使用すると、アラート通知を Service Now のチケット発行システムに送信してインシデントを作成することができます。インシデントには、呼び出し元、カテゴリ、サブカテゴリ、ビジネス サービス、およびアラートに関連するその他の属性などの情報が含まれます。

前提条件

Service-Now のログイン認証情報があることを確認します。

Service Now の IT インフラストラクチャ ライブラリ (ITIL) ロールが割り当てられていることを確認します。

手順

  1. メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで、[管理] > [送信設定] の順にクリックします。
  2. ツールバーから、[追加] をクリックし、[プラグイン タイプ] ドロップダウン メニューから、[Service-Now Notification Plug-in] を選択します。
    ダイアログ ボックスが展開し、プラグイン インスタンス設定が表示されます。
  3. [インスタンス名] を入力します。
  4. Service Now の URL を入力します。
    https://dev22418.service-now.com/
  5. Service Now のユーザー名とパスワードを入力します。
  6. [接続カウント] の値を入力します。
    接続カウントは、 vRealize Operations Cloud で開くことを許可される接続のノードあたりの最大数を表します。
  7. 指定したパス、認証情報、権限を確認するには、[テスト] をクリックします。
  8. [保存] をクリックします。

結果

Service-Now 通知プラグインのインスタンスが構成され、実行中になります。

次のタスク

プラグインが追加されたら、Service-Now のチケット発行システムでインシデントを作成するための通知を構成します。