標準のE メール プラグインを追加すると、簡易メール転送プロトコル (SMTP) を使用して、vRealize Operations Cloud のアラート通知を仮想インフラストラクチャの管理者、ネットワーク操作エンジニア、および他の関係者にメールで送信できます。または、クラウド プロキシを使用してメール サーバと通信することもできます。

前提条件

アラート通知の接続アカウントとして使用できるE メール ユーザー アカウントがあることを確認します。認証を要求するには、このアカウントのパスワードも把握しておく必要があります。

手順

  1. メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで、[管理] をクリックします。
  2. [送信設定] をクリックし、[追加] をクリックします。
  3. [プラグイン タイプ] ドロップダウン メニューで、[標準のE メール プラグイン] を選択します。
    ダイアログ ボックスが展開し、SMTP 設定が表示されます。
  4. 必要に応じて、[プロキシを使用] チェック ボックスをクリックし、[コレクタ/グループ] ドロップダウン メニューからクラウド プロキシを選択して、接続を確立します。
    注: メールまたは rest サーバが AWS の外部に配置されている場合は、クラウド プロキシを使用する必要があります。
  5. [インスタンス名] を入力します。
    これは、このインスタンスを識別する名前です。このインスタンスを、後で通知ルールを構成するときに選択します。
  6. 環境に合わせて適切な SMTP オプションを構成します。
    オプション 説明
    セキュリティ保護された接続を使用

    SSL/TLS を使用するセキュリティ保護された通信の暗号化を有効にします。このオプションを選択すると、[安全な接続タイプ] ドロップダウン メニューで暗号化方式を選択する必要があります。

    認証を要求

    この SMTP インスタンスを構成するために使用するE メール ユーザー アカウントに対して、認証を有効にします。このオプションを選択すると、ユーザー アカウントのパスワードを指定する必要があります。

    SMTP ホスト

    E メール ホスト サーバの URL または IP アドレス。

    SMTP ポート

    サーバと接続するために SMTP で使用されるデフォルト ポート。

    安全な接続タイプ

    環境で使用する通信の暗号化方式として、ドロップダウン メニューから SSL または TLS のいずれかを選択します。[セキュリティ保護された接続を使用] を選択する場合は、接続タイプを選択する必要があります。

    ユーザー名

    メール サーバに接続するために使用するE メール ユーザー アカウント。

    パスワード

    接続ユーザー アカウントのパスワード。[認証を要求] を選択する場合は、パスワードが必要です。

    送信者のE メール アドレス

    通知メッセージに表示される E メール アドレス。

    送信者名

    送信者のE メール アドレスの表示名。

    受信者のメール アドレス

    受信者のメール アドレス。

  7. [保存] をクリックします。
  8. このプラグインの送信アラート サービスを開始するには、リスト内のインスタンスを選択し、ツールバーの [有効化] をクリックします。

結果

送信 SMTP アラートに標準の E メール プラグインのインスタンスが構成され、実行されます。

次のタスク

標準の E メール プラグインを使用して、注意を要するアラートに関するメッセージをユーザーに送信する通知ルールを作成します。「ユーザー シナリオ: vRealize Operations Cloud の E メール アラート通知の作成」を参照してください。