通知ルールにより、ターゲット システムに送信されるアラートが決まります。 vRealize Operations Cloud からシステムまたは受信者に送信するデータを制限するための 1 つ以上の通知ルールを構成します。

通知ルールの仕組み

通知ルールは、サポートおよび構成され、実行している送信アラート プラグインを使用することにより、外部システムに送信されるデータを制限するフィルタです。通知ルールは、サポートおよび構成され、実行中の送信アラート プラグインを使用することにより、外部システムに送信されるデータを制限するフィルタです。たとえば、1 人以上のネットワーク処理エンジニアに仮想マシンの健全性アラートを送信できます。該当オブジェクトの仮想インフラストラクチャ管理者に、選択したホストおよびクラスタの重要なアラートを送信できます。

通知ルールを作成および管理するには、送信アラートのプラグイン インスタンスを構成する必要があります。

vRealize Operations Cloud でターゲット外部システムに必要なデータのみが送信されるように、1 つの選択フィルタ、または必要数の選択フィルタを構成できます。

通知ルールを確認できる場所

通知を管理するには、メニューで、[アラート] をクリックし、左側のペインで、[構成] > [通知] の順にクリックします。ツールバーで、[追加] をクリックしてルールを追加するか、縦方向の省略記号をクリックして [編集] を選択して、選択したルールを編集します。

表 1. 通知ルールの構成の選択
選択内容 説明
名前

ルール インスタンスの管理に使用するルールの名前。

方法

プラグイン タイプおよびプラグイン インスタンスが示されます。標準E メールの通知を構成する場合は、受信者および関連付けられている情報を追加できます。

  • プラグインのタイプ。構成済みの送信アラート プラグインのいずれかのタイプ(標準の E メール、REST、Service-Now、Slack プラグイン)を選択します。
  • インスタンス。プラグインのタイプに対して構成されたインスタンスを選択します。
方法 - 標準の E メール プラグイン

プラグイン タイプおよびプラグイン インスタンスが示されます。標準E メールの通知を構成する場合は、受信者および関連付けられている情報を追加できます。

  • 受信者。アラート通知が含まれる E メール メッセージの送信先となる個々の受信者のメール アドレスを入力します。複数の受信者に送信する場合は、アドレス間にセミコロン (;) を使用します。
  • 再通知する。アクティブ アラートの通知メッセージの間隔(分)。テキスト ボックスを空白のままにして、アラートあたりメッセージを 1 つだけ送信します。
  • 最大通知数。アクティブ アラートの通知の送信回数。テキスト ボックスを空白のままにして、アラートあたりメッセージを 1 つだけ送信します。
  • 通知の遅延。新規アラートの生成時に通知を送信するまでの遅延時間(分)。たとえば、遅延が 10 分の場合に新規アラートが生成されると、通知は 10 分間送信されません。その 10 分の間にアラートがキャンセルされると、通知は送信されません。通知の遅延を設定することで、その時間内にキャンセルされたアラートの通知数が削減されます。
  • 説明。E メール メッセージに含めるテキストを入力します。たとえば、「ホスト管理チーム宛て」などです。
方法 - Service-Now 通知プラグイン Service-Now 通知プラグインの通知を構成する場合には、インスタンスおよび関連情報を追加できます。
  • 呼び出し元。インシデントを報告した人の名前、またはインシデントの影響を受ける人の名前を入力します。
  • カテゴリ。インシデントが属するカテゴリを指定します。
  • サブカテゴリ。インシデントが属するサブカテゴリを指定します。
  • ビジネス サービス。インシデントのビジネス サービスを指定します。
  • 連絡先タイプ。連絡先タイプを入力します。
  • 状態。インシデントの状態を数字で入力します。
  • 解決コード。インシデントの解決コードを入力します。
  • 解決のメモ。インシデントの解決のメモを入力します。
  • 保留中の理由。インシデントが保留中である理由を入力します。
  • 影響。インシデントの影響を数字で設定します。影響は、影響を受けるサービスのビジネス上の重要度を測定します。
  • 緊急度。インシデントの緊急度を数字で設定します。緊急度は、インシデントを解決するためにかかる日数を定義します。
  • [優先順位]。インシデントの優先順位を入力します。優先順位は、インシデントが解決される必要がある順序を定義します。
  • 割り当てグループ。インシデントの割り当てグループを入力します。
  • 割り当て先。インシデントの割り当て先となる人の詳細を入力します。
  • 重大度。インシデントの重大度を数字で設定します。
  • 承認時。インシデントの承認時に実行する次の手順を指定します。
  • 問題。関連する問題の詳細を入力します(存在する場合)。
  • 変更により発生。インシデントをトリガした変更要求を入力します。
  • 変更要求。関連する変更リストの詳細を入力します(存在する場合)。
メソッド - Slack プラグイン Slack プラグインの通知を構成している場合は、Slack の Webhook URL を追加します。たとえば、Webhook URL は、https://hooks.slack.com/services/T00000000/B00000000/XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX の形式です。

Slack 内でアプリケーションを作成および承認して、Webhook URL を取得します。Slack 内でのアプリケーションを作成および承認の方法について詳細は、「Slack ドキュメント」を参照してください。

通知ルールを作成すると、その特定の Slack チャンネル内にアラートとそのアラートへのリンクが表示されます。リンクをクリックすると、[オブジェクト サマリ] ページにアラートの詳細が表示されます。

通知ステータス 通知設定を有効または無効にします。通知を無効にすると、その設定のアラート通知が停止され、有効にすると、再度有効化されます。
フィルター基準
注: [フィルタ基準] セクションおよび [詳細フィルタ] セクションは、すべてのプラグインで同じです。
スコープ

アラート通知をフィルタリングする対象の全般オブジェクト タイプ。

タイプを選択した後に特定のインスタンスを選択します。たとえば、[オブジェクト] を選択する場合は、名前で特定のオブジェクトを選択し、子オブジェクトを含めるかどうかを決定します。

通知トリガ

アラートをトリガするアラート タイプとサブタイプ、影響、または定義。

トリガ タイプを選択したら、トリガ タイプに関連付けられている特定の選択を構成します。たとえば、[アラートの定義] を選択する場合は、データをこの定義によるアラートに制限するアラート定義を選択します。通知のトリガのために、複数のアラート定義を条件として選択できます。

重要度

外部システムに送信されるデータを決めるアラートの定義された重要度。たとえば、[重大] を選択する場合は、外部システムに送信されるデータにも「重大」のラベルを付ける必要があります。

詳細フィルタ
アラート状態

アラートの管理された状態(オープン、割り当て済み、サスペンド中)。

アラート ステータス

アラートの現在の状態(キャンセル済み、更新済み、新規)。

コレクタ/グループ

環境内の構成済みコレクタ。たとえば、複数の vCenter Server インスタンスを管理する環境では、1 つのインスタンスに対して 1 つのコレクタを選択できます。異なるリモート コレクタを使用するさまざまなグループ間でE メール アラート通知を配布する場合は、[デフォルトのコレクタ グループ] を選択します。このオプションは、ターゲット コレクタ グループによってアラートをフィルタリングします。