Microsoft Azure を構成するには、 vRealize Operations Cloud で有効にして、必要に応じてプロパティを変更し、カスタマイズする必要があります。

Microsoft Azure は、ネイティブ管理パックです。この Management Pack が無効化されている場合は有効化する必要があります。詳細については、ソリューション リポジトリを参照してください。

Management Pack を有効化したら、アプリケーションを作成し、そのアプリケーションのクライアント シークレットを Microsoft Azure ポータルで生成する必要があります。 vRealize Operations Cloud で Management Pack を構成するときには、そのクライアント シークレットを使用する必要があります。

注:
  • Management Pack をインストールおよび使用できるのは、 vRealize Operations Cloud のエンタープライズ ライセンスがある場合のみです。
  • Management Pack には、監視するサービスに基づいた、デフォルトの時間の粒度があります。メトリックに対してこの粒度を構成することはできません。収集間隔は大きくしてもかまいませんが、小さくしてはいけません。デフォルトの間隔は 10 分です。