環境の健全性を確認したい場合で、分析を実行するために適切なメトリックが見つからないときは、スーパー メトリックを作成します。

手順

  1. メニューで [管理] をクリックし、左側のペインで [構成] > [スーパー メトリック] の順にクリックします。
  2. [追加]アイコンをクリックします。
    [スーパー メトリックの管理] ウィザードが開きます。
  3. [名前] テキスト ボックスに、最低仮想マシン CPU 使用率 (%) のような、意味のあるスーパー メトリックの名前を入力します。
    注: これはダッシュボード、アラート、およびレポートに表示されるので、直感的な名前にすることが重要です。意味のある名前にするために、常に単語間にスペースを使用して読みやすくします。既存のメトリックと表記を統一するために単語の先頭の文字を大文字にし、末尾に単位を追加します。
  4. [説明] テキスト ボックスにスーパー メトリックの簡単なサマリを入力します。
    注: 作成した理由やユーザーなどのスーパー メトリックに関する情報を提供すると、目的が明確になり、スーパー メトリックを簡単に追跡できるようになります。
  5. [単位] ドロップダウンからスーパーメトリックの単位を選択し、[次へ] をクリックします。
    注: ここで構成されたスーパー メトリック ユニットは、メトリック チャート、ウィジェット、およびビューで変更できます。
    [数式の作成] 画面が表示されます。
  6. スーパー メトリックの数式を作成します。
    たとえば、クラスタ内のすべての仮想マシンの平均 CPU 使用率を取り込むスーパー メトリックを追加するには、次の手順を実行します。
    1. 関数または演算子を選択します。ここで選択することで、メトリック式に演算子や関数を簡単に組み合わせることができます。スーパー メトリック エディタで、avg と入力し、[avg] 関数を選択します。
      テキスト ボックスに関数、演算子、オブジェクト、オブジェクト タイプ、メトリック、メトリック タイプ、プロパティ、およびプロパティ タイプを手動で入力し、提案されるテキストを使用してスーパー メトリックの数式を完成させることができます。

      または、[関数] および [演算子] ドロップダウン メニューから、関数または演算子を選択します。

    2. メトリック式を作成するには、仮想 と入力し、オブジェクト タイプ リストから [仮想マシン] を選択します。
    3. メトリック タイプを追加し、使用率 と入力し、メトリック タイプ リストから [CPU|使用率 (%)] メトリックを選択します。
      注: 式の最後はデフォルトで depth=1 になります。式の最後が depth=1 である場合は、関係チェーン内で仮想マシンの 1 レベル上にあるオブジェクトにそのメトリックが割り当てられることを意味します。しかし、このスーパー メトリックはクラスタに関するものであり、クラスタは関係チェーン内で仮想マシンの 2 つ上のレベルにあるので、depth を 2 に変更します。

      depth を負の値にすることもできます。負の値は、子オブジェクトの親を集計する必要がある場合に使用します。たとえば、データストア内のすべての仮想マシンを集計する場合、仮想マシンはデータストアの親オブジェクトであるため、メトリック式の最後は depth=-1 にします。ただし、データストア クラスタのレベルですべての仮想マシンを集計する場合は、2 つのスーパー メトリックを実装する必要があります。仮想マシンもデータストア クラスタもデータストアの親であるため、仮想マシンからデータストア クラスタに直接集計することはできません。有効なスーパー メトリックであるためには、depth が 0 (-1+1=0) であってはなりません。したがって、データストア レベルで集計するための最初のスーパー メトリック (depth=-1) を作成してから、最初のスーパー メトリックに基づいて 2 番目のスーパー メトリック (depth = 1) を作成する必要があります。

      メトリック式が作成されました。
    4. クラスタ内のパワーオン状態の仮想マシンの平均 CPU 使用率を計算するには、where 句を追加します。where=”” と入力します。
      注: where 句では別のオブジェクトを参照することはできませんが、同じオブジェクトの別のメトリックを参照することができます。たとえば、CPU 競合メトリック > そのクラスタの SLA という条件を使用して、クラスタ内の仮想マシンの数をカウントすることはできません。「そのクラスタの SLA」というフレーズはクラスタ オブジェクトに属しており、仮想マシン オブジェクトには属していません。右側のオペランドも数値である必要があり、別のスーパー メトリックまたは変数にすることはできません。where 句は AND、OR、NOT を使用して組み合わせることはできません。つまり、スーパー メトリックの数式に where="VM CPU>4 and VM RAM>16" を含めることはできません。
    5. 引用符の間にポインタを置き、[仮想] と入力し、[仮想マシン] オブジェクト タイプと [システム|パワーオン状態] メトリック タイプを選択します。
    6. メトリックの数値を追加するには、==1 と入力します。
    7. ヒントと提案を表示するには、[Ctrl + Space] キーを押し、アダプタ タイプ、オブジェクト、オブジェクト タイプ、メトリック、メトリック タイプ、プロパティ、プロパティ タイプを選択して、スーパー メトリックの数式を作成します。
    8. [このオブジェクト] アイコンをクリックします。

      [このオブジェクト] アイコンをメトリック式の作成中に選択すると、スーパー メトリックが作成されたオブジェクトにメトリック式が関連付けられることを意味します。

  7. また、[レガシー] テンプレートを使用して、提案されるテキストなしでスーパー メトリックの数式を作成することもできます。
    スーパー メトリックの数式を人間が判読できる形式で表示するには、 [数式説明の表示] アイコンをクリックします。数式の構文が誤っている場合は、エラー メッセージが表示されます。
    注: Internet Explorer を使用している場合は、レガシー テンプレートに自動的に案内されます。
  8. スーパー メトリックの数式が正しく作成されたことを確認します。
    1. [プレビュー] のセクションを展開します。
    2. [オブジェクト] テキスト ボックスで、[クラスタ] と入力してそれを選択します。
      メトリック グラフが表示され、オブジェクトに対して収集されたメトリックの値が示されます。グラフに時間の経過に伴う値が表示されていることを確認します。
    3. [スナップショット] アイコンをクリックします。
      スナップショットを保存するか、またはメトリック チャートを .csv 形式でダウンロードすることができます。
    4. [監視オブジェクト] アイコンをクリックします。
      有効にすると、監視中のオブジェクトのみが数式の計算に使用されます。
    5. [次へ] をクリックします。
    [オブジェクト タイプへの割り当て] 画面が表示されます。
  9. スーパー メトリックをオブジェクト タイプに関連付けます。 vRealize Operations Cloud は、ターゲット オブジェクトのスーパー メトリックを計算し、オブジェクト タイプのメトリックとして表示します。
    1. [オブジェクト タイプへの割り当て] テキスト ボックスで、[クラスタ] と入力し、[クラスタ コンピューティング リソース] オブジェクト タイプを選択します。
      1 回の収集サイクル後、指定したオブジェクト タイプの各インスタンスについてスーパー メトリックが表示されます。たとえば、すべての仮想マシンの平均 CPU 使用率を計算するスーパー メトリックを定義して、クラスタ オブジェクト タイプにそれを割り当てると、各クラスタのスーパー メトリックとしてそのスーパー メトリックが表示されます。
    2. [次へ] をクリックします。
      [ポリシーで有効にする] 画面が表示されます。
  10. スーパー メトリックをポリシーで有効にし、スーパー メトリックがデータの収集と処理を開始するまで、少なくとも 1 回の収集サイクルを待ってから、[すべてのメトリック] タブでスーパー メトリックを確認します。
    1. [ポリシーで有効にする] のセクションで、スーパー メトリックを割り当てたオブジェクト タイプに関連するポリシーを表示できます。スーパー メトリックを有効にするポリシーを選択します。たとえば、クラスタの [デフォルト ポリシー] を選択します。
  11. [終了] をクリックします。
    作成したスーパー メトリックおよび関連するオブジェクト タイプとポリシーが、 [スーパー メトリック] ページに表示されるようになりました。