クラウド プロキシを構成し、vCenter Server クラウドのアカウントを設定してエージェントをインストールした後は、[エージェントの管理] タブから仮想マシン上のエージェントを管理できます。クラウド プロキシにマッピングした vCenter Server で使用可能なデータセンター、ホスト、およびクラスタを表示できます。仮想マシン上のエージェントの開始、停止、更新、アンインストールが行えます。インストールする各エージェントで、サービスを検出し管理することもできます。

エージェントを管理できる場所

エージェントとアプリケーション サービスを管理するには、メニューで [管理] を選択し、左側のペインから [インベントリ] を選択します。右側のペインで、[エージェントの管理] タブをクリックします。

表 1. オプション
オプション 説明
インストール 選択した仮想マシンにエージェントをインストールします。エージェントをインストールする仮想マシンを選択し、[インストール] アイコンをクリックします。詳細については、「UI からのエージェントのインストール」を参照してください。
アンインストール エージェントをアンインストールします。エージェントをアンインストールする仮想マシンを選択し、[アンインストール] アイコンをクリックします。詳細については、「エージェントのアンインストール」を参照してください。
更新 以前のバージョンのエージェントをアップデートします。エージェントを更新する仮想マシンを選択し、[更新] アイコンをクリックします。エージェントがアップデートされると、最後の処理のステータスが [コンテンツのアップグレードに成功しました] に変わります。
開始 vRealize Operations Cloud へのメトリックの送信を一時的に停止した場合、このオプションを使用して、アプリケーション サービスのデータ収集を開始できます。
停止 メンテナンス期間中に、vRealize Operations Cloud へのアプリケーション サービス メトリックの送信を一時的に停止できます。エージェントを停止する仮想マシンを選択し、[停止] アイコンをクリックします。
サービスの管理 エージェントがインストールされている仮想マシン上で検出されたアプリケーション サービスを構成し、アクティベートすることができます。各アプリケーションの構成の詳細については、「サポートされているアプリケーション サービスの構成」を参照してください。
[サービスの管理] > [リモート チェック] ICMP チェック、UDP チェック、TCP チェック、HTTP チェックなど、リモート チェックを有効にすることができます。
[サービスの管理] > [Windows サービスの監視] Windows 仮想マシンで実行されている任意のサービスを監視できます。詳細については、「Windows サービスの監視」を参照してください。
[サービスの管理] > [OS プロセスの監視] Linux 仮想マシンで実行されている任意のプロセスを監視できます。詳細については、「Linux プロセスの監視」を参照してください。
[サービスの管理] > [カスタム スクリプト] 仮想マシンでカスタム スクリプトを実行し、カスタム データを収集して、メトリックとして使用することができます。詳細については、カスタム スクリプトを参照してください。
詳細の表示

選択した仮想マシンの [サマリ] タブを表示します。

すべてのフィルタ 仮想マシンの名前、仮想マシンが実行されているオペレーティング システム、検出されたアプリケーション サービス、および仮想マシンの電源ステータスに基づいて仮想マシンをフィルタリングします。

データ グリッド内のオプションから特定の詳細も表示できます。

表 2. データ グリッドのオプション
オプション 説明
仮想マシン名 仮想マシンの名前
オペレーティング システム 仮想マシンにインストールされているオペレーティング システム。
検出/設定されたサービス 仮想マシン上で検出されたサポートされているアプリケーション サービスのリストです。
  • アプリケーション サービスに付く赤色のドットは、アプリケーション サービスが有効化されているがデータ収集に問題があることを示します。

    同じ種類のアプリケーション サービスが複数あり、その 1 つが有効になっているものの、残りのサービスでデータが収集されていない場合は、赤色のドットが依然としてアプリケーション サービスに表示されます。

  • アプリケーション サービスの前の灰色のドットは、エージェントを再度有効にする必要があることを示します。アプリケーション サービスを再び有効にする必要があります。再有効化については、アプリケーション サービスのアクティベートを参照してください。
  • 灰色の一時停止記号は、エージェントが停止していることを示します。
  • アプリケーション サービスに付く緑色のアイコンは、アプリケーション サービスが有効化されていることを示します。
    有効化に問題がある場合、3 つの横方向のドットが付いた青色のアイコンが表示されます。警告の詳細については、疑問符をクリックしてください。この警告は、次の場所にも表示されます。
    • 特定のアプリケーション サービスの [オブジェクト] タブ内。[収集ステータス] 列の緑色のアイコンの上にカーソルを移動します。
    • 特定のアプリケーション サービスについては、[エージェントの管理] タブから [詳細の表示] オプションをクリックします。上部のパネルの緑色のアイコンにカーソルを移動して、警告メッセージを表示します。
  • アプリケーション サービスが無効化されたか有効化されていない場合、アプリケーション サービスに対して灰色の一時停止記号が表示されます。
  • 仮想マシンで有効になっている Windows サービスには、[サービス] のラベルが表示されます。
  • 仮想マシンで有効になっている Linux プロセスには、[プロセス] のラベルが表示されます。
  • パラメータを追加してアプリケーション サービスを有効にすると、データ収集が開始されるまで、進行状況のステータスが表示されます。

色の付いたドットをクリックすると、アプリケーション サービスの詳細が表示されます。

エージェントのステータス エンドポイントでのエージェントのステータスを表示します。
  • 青色のアイコン。エージェントがインストールされていないことを示します。
  • 緑色のアイコン。エージェントが実行中であることを示します。
  • 赤色のアイコン。エージェントが停止していることを示します。
  • 灰色のドット。サービスの前に表示され、プラグインの再アクティブ化が必要であることを示します。
最後の処理のステータス

最後の処理のステータスです。次の値があります。

  • 処理なし
  • インストール成功
  • インストール失敗
  • インストールが進行中です
  • 開始成功
  • 開始失敗
  • 開始しています
  • 停止成功
  • 停止失敗
  • 停止しています
  • Update Success
  • 更新失敗
  • 更新が進行中です
  • 正常にアンインストールされました
  • アンインストールに失敗しました
  • アンインストールが進行中です
  • ダウンロードに成功しました
仮想マシンの状態 仮想マシンの電源ステータス。次の値があります。
  • パワーオン
  • パワーオフ
ARC 使用している vRealize Application Remote Collector のインスタンスの FQDN。
エージェント バージョン 仮想マシン上のエージェントのバージョン。仮想マシンでアップデートが必要な場合、灰色のドットが表示されます。
vCenter Server 名 その仮想マシンのリソースが属している vCenter Server アダプタ インスタンスの名前。
エージェントを管理するには、次の手順に従います。
  1. エージェントをインストールします。

    詳細については、UI からのエージェントのインストール を参照してください。

  2. 各エージェントのアプリケーション サービスを管理します。

    詳細については、「アプリケーション サービスの構成」を参照してください。

  3. 仮想マシン上でエージェントを開始および停止します。
  4. エージェントをアンインストールします。

    詳細については、エージェントのアンインストール を参照してください。

  5. 以前のバージョンのエージェントをアップデートします。