ユーザー アカウントの追加を組織の所有者に依頼して、ユーザーが vRealize Operations Cloud の各機能や、環境内の特定のオブジェクトにアクセスできるようにします。組織の所有者がユーザー アカウントを追加したら、1 つ以上のユーザー グループにそのアカウントを割り当て、アカウントにロールとオブジェクトを割り当てることで、ユーザーがどのアクションをどのオブジェクトに実行できるかを指定することができます。管理者ロールは、オブジェクトにアクセスして環境全体でアクションを実行する必要のある特定のユーザーのみに割り当てます。

ユーザー アカウントの追加または編集を行う場所

  1. ユーザー アカウントを編集するには、メニューで、[管理] をクリックし、左側のペインで [アクセス] > [アクセス コントロール] の順にクリックします。
  2. ユーザー アカウントを編集するには、縦方向の省略記号をクリックし、[編集] を選択します。

    [権限の編集] ダイアログ ボックスが開きます。

  3. [ロール] ドロップダウン メニューをクリックして、ロールを選択します。
  4. [このロールをユーザーに割り当てます] チェックボックスを選択します。

    このロールが割り当てられたときにユーザーがアクセスできるオブジェクトを選択します。

    • [オブジェクト階層の選択]:オブジェクトのグループを表示します。このリストでオブジェクトを選択すると、階層内のすべてのオブジェクトが選択されます。
    • [オブジェクトの選択]:オブジェクト階層内の特定のオブジェクトを選択するには、下矢印をクリックしてオブジェクトのリストを展開します。たとえば、アダプタ インスタンス階層を展開して、1 つまたは複数のアダプタを選択します。
    • [システムのすべてのオブジェクトへのアクセスを許可]:ユーザー アカウントにシステム内のすべてのオブジェクトへのアクセスを許可するには、このチェック ボックスを選択します。