運用管理は、相互に依存する一連の分野です。これらの分野の関係を把握することは、それぞれを個別に把握することと同様に重要です。表示される症状と根本原因は異なっていることがよくあるので、分野間の関係は重要です。たとえば、構成の問題がパフォーマンスの問題を招くことがあります。

可用性

  • 可用性は、HA (高可用性) 設定を考慮します。その結果、計画されたダウンタイム (メンテナンス モードの ESXi など) は可用性に影響します。
  • 可用性が適切に対処されていると、すでに考慮されているため、キャパシティとパフォーマンスには影響しません。
  • 可用性の SLA が高くなるほど、価格も高くなります。可用性の 9 を追加するごとに大きな違いが生じます。ファイブ ナイン (99.999%) のコストは、フォー ナイン (99.99%) よりもかなり大きくなります。

パフォーマンスとキャパシティ

  • パフォーマンスは、キャパシティよりも時間の制約が高く、重要です。まずパフォーマンスを管理し、次にキャパシティを管理する必要があります。
  • パフォーマンスとキャパシティは逆の関係にあります。最高のパフォーマンスは最小のキャパシティで実現されます。この場合に、仮想マシンまたはインフラストラクチャが最も多くの作業を提供するためです。
  • キャパシティ管理とは、パフォーマンスを損なうことなく使用率を最大化することに関するものです。また、潜在的なワークロードと将来の需要も考慮します。

コストと価格

  • コストはキャパシティに伴います。IaaS の使用率が高くなるほど、仮想マシンあたりのコストが低下します。キャパシティを減らさずに最適化できるため、コストはキャパシティから切り離されます。
  • 価格はコストとは無関係に変動することがあります。割引や逓増価格などの概念があります。未使用の大規模な仮想マシンを防ぐために価格を使用します。
  • パフォーマンス SLA が良いほど、お客様が支払う価格は高くなり、このため、価格/パフォーマンスの条件が高くなります。

コンプライアンスとセキュリティィ

  • コンプライアンスは、社内標準と業界標準の両方において評価されます。
  • セキュリティは関係していますが、構成とは異なります。

構成とインベントリ

  • インベントリは関係していますが、構成と同一ではありません。構成は、パフォーマンス、コスト、キャパシティ、コンプライアンスに影響します。したがって、構成が最適化アセスメントの主要なフォーカスとなります。インベントリとは、お客様が所有しているものです。構成には、所有しているもののプロパティが含まれています。たとえば、クラスタ内の仮想マシンの数はインベントリの一部であり、構成の一部ではありません。クラスタ内の ESXi ホスト数は、クラスタを設計する方法になるので、インベントリと構成の一部になります。クラスタには、同じ理由で、8 台の ESXi ホストが構成されています。

パフォーマンスとキャパシティに影響を与えるカウンタには、2 つのタイプがあります。競合はパフォーマンスの主要カウンタであり、使用率はキャパシティの主要カウンタです。使用率はパフォーマンスとキャパシティで異なる役割を果たします。パフォーマンスについては、実際の真の使用率を確認してください。キャパシティについては、使用可能なキャパシティ (HA とバッファの後) に照らして測定されます。負の相関が起きている場合は、低い使用率で競合が発生することがあります。不均衡と構成が、低使用率の 2 つの典型的な原因です。新たにプロビジョニングされた仮想マシンがアイドル状態になる傾向があるため (これは数か月続くことがあります)、割り当ては需要を補完します。将来的な負荷は存在しないため、需要モデルでは検出できません。需要モデルを補完するには、割り当てモデルを使用する必要があります。

運用管理の 7 本の柱と管理プロセス

運用管理のベスト プラクティスでは、柱とプロセスを区別する必要があります。柱は管理する必要がある対象を指し、プロセスはこれらを管理する方法を指します。

それぞれの柱は、キャパシティ管理、パフォーマンス管理、コンプライアンス管理などの個別の管理単位になります。これらは個々の分野を表しており、互いに互換性があります。それぞれの柱の複雑さはテクノロジーにより異なります。たとえば、vSAN のキャパシティは中央アレイよりも動的です。vSAN では、ストレージ ポリシーを変更すると、急激な急増が発生する可能性があります。

0 日目は期待される結果を提供します。一部の企業はストレス テストや負荷テストを実施しており、実際の負荷が発生したときに予想される事態を把握しています。適切に計画していない場合は、プロセスが適切に定義されていないため、実際の状況を把握することはできません。

トラブルシューティングはアクティビティであり、管理対象ではありません。その原因に焦点を当て、今後のインシデントを回避するための解決策を策定します。インシデントは、非活動のもの、遅延したもの、または違反したもののいずれかを意味します。可用性、パフォーマンス、セキュリティのトラブルシューティングを行います。

インベントリとは所有対象であり、計画対象ではありません。特定の構成でキャパシティを計画します。インベントリは所有対象の内容にすぎません。トラブルシューティングや最適化の対象ではありません。

[はじめに] ページの使用

[はじめに] ページでは、管理、フロー、コレクションの 3 つの広いカテゴリにタスクを分割します。[はじめに] ダッシュボードを使用して、これらのカテゴリ間の関係を把握します。

[管理] カテゴリには、可用性、パフォーマンス、コンプライアンス、キャパシティ、コスト、構成、インベントリの 7 本の運用の柱が含まれています。

ダッシュボードの [フロー] カテゴリは、トラブルシューティング、最適化、コストの最適化を含むプロセスを対象とします。[トラブルシューティング] ダッシュボードを使用して、可用性、競合、使用率、構成に関連する潜在的な問題を解決できます。トラブルシューティングは、単に問題を特定するだけではありません。問題の原因に焦点を当て、再発を防止するための解決策も策定します。インシデントとは、非活動のもの、遅延したもの、または違反されているもののいずれかを意味します。可用性、パフォーマンス、キャパシティのトラブルシューティングを行うことができます。[最適化] ダッシュボードを使用して、環境のパフォーマンスを向上させます。問題領域の修正、仮想マシンとインフラストラクチャの更新、簡略化、または向上を選択できます。パフォーマンス、キャパシティ、コスト、構成を最適化できます。システムの可用性をある程度向上させることもできますが、コンプライアンスやインベントリを強化することはできません。[最適化コスト] ダッシュボードは、環境のコスト効率を向上させるのに役立ちます。[最適化コスト] ダッシュボードにはコスト、予想される節約、アクション可能な推奨の概要が表示され、環境に対する推奨に基づいて実現された節約を定量化できます。

[コレクション] カテゴリは、[パブリック クラウド] と [ライブラリ] セクションで構成されています。[AWS] および [Azure] ダッシュボードは、[パブリック クラウド] ダッシュボードの下に表示されます。これらのサービスの全体的なパフォーマンスを表示するか、サービスに関連する特定のダッシュボードを表示するかを選択できます。ライブラリには、ネットワーク オペレーティング センターとエグゼクティブに関連するダッシュボードが含まれています。また、VOA や廃止されたダッシュボードなど、運用の柱に適さないダッシュボードも一覧表示されます。

これらの各カテゴリを使用すると、解決したい特定のユースケースや問題にドリルダウンできます。各問題のステートメントは、このページからアクセスできる定義済みダッシュボードに関連付けられています。ダッシュボードを表示するには、ダッシュボード タイプをクリックし、[はじめに] ページからダッシュボードを選択するか、[はじめに] ページの右側に表示されているダッシュボード名をクリックします。
注: 廃止されたダッシュボードは、[はじめに] ページには含まれなくなります。これらには、[ダッシュボード ライブラリ] のダッシュボード ドロップダウン メニューからアクセスできます。