vRealize Operations Cloud は運用管理機能をクラウド自動化サービス管理パックに拡張します。 vRealize Operations Cloud を使用して、vRealize Automation 8.x に関連付けられたクラウド アカウント、クラウド ゾーン、プロジェクト、ブループリント、デプロイ、および仮想マシンを取得できます。

Cloud サービスに vRealize Automation Management Pack を使用すると、クラウド環境で次のタスクを実行できます。
  • vRealize Automation Management Pack Cloud サービスと vRealize Operations Cloud を組織レベルで統合する。
  • リソースの最適な配置のために、 vRealize Operations Cloud 固有のワークロード配置エンジンを vRealize Automation 8.x ワークロード プロビジョニングおよび管理エンジンに統合する。
  • クラウド インフラストラクチャ内のオブジェクトを監視およびトラブルシューティングするための Cloud Automation ダッシュボードを表示する。
  • vRealize Automation 8.x の既存のクラウド アカウントが vRealize Operations Cloud にインポートされることを確認する。
  • vRealize Operations Cloud で検出された vRealize Automation 8.x オブジェクトのインベントリの詳細を表示する。
  • VMware Cloud Automation Services (CAS) に定義されているクラウド ゾーンを vRealize Operations Cloud に取り込む。