vRealize Operations Cloud には、いくつかのビュー タイプがあります。それぞれのビュー タイプを使用することで、アラート、シンプトムなど、さまざまな監視対象オブジェクトのメトリック、プロパティ、ポリシーをさまざまな切り口で見ることができます。ビューには、使用環境におけるアダプタの情報も表示されます。

vRealize Operations Cloud のビューを構成して、変換、予測、トレンド計算を表示することができます。

  • 変換タイプによって、値の集約方法が決定されます。
  • トレンド オプションによって、値が履歴データ、Raw データに基づきどのように変化するかが示されます。トレンド計算は、変換タイプとロール アップ間隔によって異なります。
  • 予測オプションによって、将来の値が履歴データのトレンド計算に基づきどのようになるかが示されます。

vRealize Operations Cloud のビューは、vRealize Operations Cloud のさまざまな領域において使用できます。

  • すべてのビューを管理するには、メニューで [ダッシュボード] をクリックします。左側のパネルで、[ビュー] ドロップダウン メニューをクリックし、[ビューの管理] をクリックします。
  • ビューによって特定のオブジェクト用に提供されるデータを表示するには、[詳細] タブをクリックし、[ビュー] をクリックします。
  • ビューによってダッシュボードに提供されるデータを表示するには、ダッシュボードに表示ウィジェットを追加します。詳細については、表示ウィジェット を参照してください。
  • 詳細な分析のセクションでビューにリンクを設定するには、ビューのワークスペースにおける可視性の手順で [詳細な分析] オプションを選択します。

ビューおよびレポートの所有権

事前定義されたすべてのビューおよびテンプレートのデフォルトの所有者は System です。これらが編集された場合、その編集者が所有者になります。事前定義された元のビューまたはテンプレートを保持する場合は、それらのクローンを作成する必要があります。クローン作成すると、そのクローンの所有者になります。

ビュー、テンプレート、またはスケジュールを最後に編集したユーザーがその所有者になります。たとえば、ビューを作成した場合、その所有者としてリストされます。別のユーザーがビューを編集すると、そのユーザーが所有者になって [所有者] 列に表示されます。

ビューまたはテンプレートをインポートしたユーザーがその所有者になります。これは、最初に別の誰かがそのビューを作成している場合も同様です。たとえば、User 1 がテンプレートを作成してエクスポートします。裏で User 2 がインポートすると、テンプレートの所有者は User 2 になります。

誰がテンプレートを所有しているかに関係なく、レポートを生成したユーザーがその所有者になります。レポートがスケジュールから作成されている場合、スケジュールを作成したユーザーが、生成されるレポートの所有者になります。たとえば、User 1 がテンプレートを作成して User 2 がこのテンプレートのスケジュールを作成している場合、生成されるレポートの所有者は User 2 になります。