vSphere オブジェクトのコンプライアンスを強制し、レポートするために、規制標準用のポリシーが含まれているコンプライアンス パックを有効化します。次に、ポリシーを選択して、仮想マシンに適した規制アラートを有効にします。

手順

  1. [ホーム] > [トラブルシューティング > コンプライアンス] から、コンプライアンス ホームページに移動します。
    規制標準のコンプライアンス パックは、[規制ベンチマーク] セクションに表示されます。
  2. 規制ベンチマークをインストールするには、必要なコンプライアンス パックの [リポジトリから有効化] をクリックします。
    [ネイティブ Management Packs] ページにリダイレクトされます。
  3. 必要なコンプライアンス パックに移動し、[有効化] をクリックしてインストールを完了します。
  4. コンプライアンス パックのポリシーを有効にするには、[コンプライアンス] ホームページに移動し、インストールしたコンプライアンス パックの [有効化] をクリックします。
    [ポリシーを有効にする] ウィンドウが開きます。
  5. 有効にするポリシーを選択し、[有効化] をクリックしてプロセスを完了します。

結果

vRealize Operations Cloud は、インストールした規制ベンチマークに基づいてオブジェクトの評価を開始します。