vRealize Operations Cloud には、使用環境内のオブジェクトの特定のメトリックとプロパティを監視するためにダッシュボードに追加できるウィジェットまたはビューのリストが表示されます。

ウィジェットまたはビューをダッシュボードに追加する場所

ダッシュボードを作成するには、メニューで、[ダッシュボード] をクリックします。左側のペインで、[ダッシュボード] ドロップダウン メニューをクリックして、[ダッシュボードの作成] をクリックしてダッシュボードを追加します。[ビュー][ウィジェット] オプションを切り替えて、表示、およびダッシュボードへのウィジェットまたはビューの追加を行います。

ダッシュボードを編集するには、メニューで、[ダッシュボード] をクリックします。[アクション] > [ダッシュボードの編集] の順にクリックして、選択したダッシュボードを編集します。

ウィジェットまたはビューをダッシュボードに追加する方法

[ウィジェット リスト] パネルに、事前定義されたすべての vRealize Operations Cloud ウィジェットまたはビューのリストが表示されます。ウィジェットまたはビューを上部のパネルのダッシュボード ワークスペースにドラッグします。

ウィジェットまたはビューを見つけるには、[フィルタ] オプションにウィジェットまたはビューの名前または名前の一部を入力します。たとえば、 と入力すると、リストがフィルタリングされて、[トップ アラートT]、[トップ N]、[トポロジ グラフ] ウィジェットが表示されます。その後、必要なウィジェットを選択できます。

さほとんどのウィジェットまたはビューは、情報を表示するように個別に構成する必要があります。各ウィジェットの構成方法の詳細については、ウィジェットを参照してください。

ダッシュボードでウィジェットまたはビューを配置する方法

必要に応じてダッシュボードのレイアウトを変更できます。最初に追加するウィジェットまたはビューは、配置した位置に関係なくデフォルトで自動的に水平方向に配置されます。

  • ウィジェットまたはビューを配置するには、ウィジェットまたはビューをレイアウト内の目的の場所にドラッグします。他のウィジェットおよびビューが自動的に再配置されて場所が確保されます。
  • ウィジェットまたはビューのサイズを変更するには、ウィジェットまたはビューの右下隅をドラッグします。
  • ウィジェットまたはビューを最大化または最小化するには、右上隅の最大化および最小化オプションを使用します。