レポートは、ビューとダッシュボードのスケジュール設定されたスナップショットです。これは、ダウンロード可能な形式でデータを提供します。

メニューで、[ダッシュボード] をクリックし、左側のペインで [レポート] を選択します。右側のペインで、[生成されたレポート] タブを選択します。

リストには生成されたすべてのレポートが含まれます。レポートがスケジュールに基づいて生成された場合は、スケジュールを作成したユーザーが所有者になります。
注: テンプレートあたりの最大レポート数は 10 です。10 個目のレポートが生成された後は、最も古いレポートが vRealize Operations Cloud によって削除されます。

生成されたレポートをリストから選択するには、生成された各レポートに付いている垂直の省略記号をクリックし、実行や削除などのオプションを選択します。また、複数の生成されたレポートを選択し、[アクション] ドロップダウン メニューから [削除] を選択して、生成されたレポートを削除することもできます。

レポート リストは、パネルの右上からフィルタを追加することによってフィルタリングできます。

表 1. 事前定義フィルタ グループ
フィルタ グループ 説明
レポート名 レポート テンプレート名を基準にフィルタリングします。たとえば my template と入力すると、名前にmy template という言葉が含まれるレポートがすべてリストされます。
テンプレート レポート テンプレートを基準にフィルタリングします。このオブジェクトに適用可能なテンプレートのリストから、テンプレートを選択できます。
完了日時 日付、時間、または時間範囲を基準にフィルタリングします。
件名 別のオブジェクトによるフィルタ。別のタイプのオブジェクトに適用できる複数のビューがレポートに含まれている場合、その 2 番目のオブジェクトでフィルタリングできます。
ステータス レポートのステータスを基準にフィルタリングします。

レポートは、PDF または CSV 形式でダウンロードできます。レポート テンプレートにレポートが生成される際の形式を定義します。

vCenter Server 認証情報で vRealize Operations Cloud にログインし、レポートを生成すると、生成されたレポートは常に空白になります。