ポリシーを作成するとき、vRealize Operations Cloud で提供されているポリシーのいずれかを、ポリシー設定のベースライン ソースとして使用できます。

ポリシー コンテンツ領域で、次の操作を実行できます。
  • 継承されたポリシーおよび設定をオーバーライドするために選択した追加のポリシーのパッケージと要素を表示します。
  • これらのポリシーの間で強調表示されている設定の違いを比較します。
  • オブジェクト タイプを表示します。

ポリシーを作成するには、新しいカスタム ポリシーが設定を継承するためのベース ポリシーを選択します。お使いの環境のサービス レベル アグリーメント (SLA) の要件に合わせて基本ポリシーの一部の設定をオーバーライドする場合は、個別のポリシーを選択および適用して管理パック ソリューションを作成します。オーバーライド ポリシーには、オーバーライドするオブジェクトのタイプごとに定義された固有の設定が含まれます。オーバーライドは、手動で実行するか、vRealize Operations Cloud にアダプタが組み込まれている場合はアダプタによって実行されます。選択した基本ポリシーの設定は、オーバーライド ポリシーの設定によって上書きされます。

ベース ポリシーからポリシーを継承する設定を上書きするために使用するポリシーを選択して適用する場合、選択したポリシーがポリシー設定カードに表示されます。

各カードをクリックすると、継承されたポリシー構成とポリシーが表示され、選択したポリシー設定のプレビューが表示されます。ポリシー カードの 1 つを選択すると、有効化または無効化されたアラート定義、症状の定義、メトリックとプロパティの数、および有効化または無効化された変更の数が表示されます。

グループおよびオブジェクトのカードを選択するときには、表示するオブジェクトを選択して、オブジェクト タイプに適用するポリシー要素を確認できます。たとえば、StorageArray オブジェクト タイプを選択すると、ワークスペースには、ポリシーのローカル パッケージ、およびオブジェクトグループ タイプと各グループのポリシー要素数が表示されます。

プレビュー表示の対象として、すべてのオブジェクト タイプのポリシー設定、ローカルで変更された設定を持つオブジェクト タイプのみのポリシー設定、または自分でリストに追加した新規のオブジェクト タイプ(StorageArray ストレージ デバイスなど)のポリシー設定を選択できます。

ベース ポリシー設定を選択およびオーバーライドできる場所

独自のポリシーの開始点として使用する基本ポリシーを選択するには、また、基本ポリシーから継承する 1 つ以上の設定を上書きするポリシーを選択するには、[管理] を選択し、左側のペインで [ポリシー][追加] の順に選択してポリシーを追加します。[ポリシーの作成] ワークスペースで、ポリシーの名前と説明を追加し、[継承元] ドロップダウンからベース ポリシーを選択します。ポリシーの構成、オブジェクト、およびプレビューがこのドロップダウンの下のカードに表示されます。