vRealize Operations Cloud では、vRealize Operations Cloud インスタンスと連携するように vRealize Automation 8.x インスタンスを構成できます。 vRealize Operations Cloud を使用して、既存のワークロードの配置を監視し、リソース使用量を最適化できます。

前提条件

  • ユーザーが、vRealize Automation に設定されている Organizational Owner および Cloud Assembly Administrator の権限を持っていることを確認します。
  • 接続してデータを収集するには、vCenter Server の資格情報を知っていて、必要な権限を持っている必要があります。
  • vRealize Operations Cloud には、vRealize Automation 8.x と一致するように構成された同じ vCenter Server クラウド アカウントがなければなりません。
  • vRealize Operations Cloud および vRealize Automation 8.x で統合が有効になっていることを確認します。

手順

  1. メニューで、[ホーム] を選択してから、[ワークロード最適化] を選択します。
  2. [表示] フィルタ ドロップダウン メニューをクリックして、[VRA Managed] オブジェクトを選択します。
    vCenter Server に関連するすべてのクラウド ゾーンが vRealize Operations Cloud に表示されます。
  3. 最適化する [クラウド ゾーン] をクリックします。
  4. 運用目的に基づいて、[Optimize Now] をクリックします。
    最適化計画が作成され、最適化アクションの前と後(予測値)のワークロード統計が表示されます。
  5. 最適化アクションの予測結果で問題がなければ、[次へ] をクリックします。
  6. 最適化の移動を確認し、[アクションの開始] をクリックします。

    vRealize Automation 8.x 統合では、 vRealize Operations Cloud は移動移行要求を vRealize Automation 8.x に直接送信します。以前のバージョンでは、移行要求は vCenter Server に送信されました。

次のタスク

最適化アクションが完了したことを確認するには、上部のメニューで [管理] を選択し、左側のペインで [履歴] > [最近のタスク] の順にクリックします。[最近のタスク] ページで、メニュー バーの [ステータス] 機能を使用してステータスによりアクションを探します。各種フィルタを使用して検索することもできます。たとえば、まず開始時刻でフィルタし、アクションを開始した時刻までスクロールしてから、[オブジェクト名] フィルタを選択します。最後に、リバランス計画のいずれかの仮想マシンの名前を入力します。