各ポリシーにはアラート定義が含まれています。各アラートは、シンプトムと推奨の組み合わせを使用して、ある問題を障害や過負荷などに分類するための条件を識別します。ポリシーのアラート定義は有効または無効にできます。また、アラートがトリガされたときのアクションを自動化するように設定できます。

ポリシー アラート定義の仕組み

vRealize Operations Cloud は、問題を使用してアラートを起動します。問題によって、いつオブジェクトに対し一連のシンプトムが現れたのかが明らかになり、その問題への対処が必要になります。アラートは環境内の問題を示します。vRealize Operations Cloud は、オブジェクトに関する収集データとそのオブジェクト タイプのアラート定義を比較して、定義済みのシンプトムが当てはまるときにアラートを生成します。アラートが発生すると、vRealize Operations Cloud はユーザーがアクションを実行するためのトリガとなるシンプトムを提示します。

一部のアラート定義には定義済みのシンプトムが含まれます。アラート定義にシンプトムを含めて、アラートを有効にすると、シンプトムが当てはまるときにアラートが生成されます。

[アラートの定義] ペインには、アラートの名前、定義されているシンプトムの数、アダプタ、ホストやクラスタなどのオブジェクト タイプ、アラートが有効かどうか([ローカル] で示されます)、無効かどうか([非ローカル] で示されます)、継承されているかどうかが表示されます。デフォルトでは、アラートは有効であることを示す緑色のチェックマーク付きで継承されます。

優先順位の最も高い推奨事項に関連アクションがある場合は、ポリシーのアラート定義を自動化できます。

特定のアラート一式を表示するには、バッジ タイプ、重要度タイプ、およびアラートの状態を選択し、ビューにフィルタを適用します。たとえば、仮想マシンの障害アラートを送信するポリシーを設定します。

ポリシー アラート定義を変更する場所

ポリシーに関連付けられているアラートを変更するには、メニューで [管理] をクリックし、左ペインで [ポリシー] をクリックします。[追加] をクリックしてポリシーを追加するか、必要なポリシーを選択し、右側のペインで [ポリシーの編集] クリックしてポリシーを編集します。[ポリシーの作成] または [ポリシーの編集] ワークスペースで、[アラートと症状] をクリックします。選択されたオブジェクト タイプに関するアラートの定義およびシンプトムの定義がワークスペースに表示されます。

表 1. [ポリシーの作成] または [ポリシーの編集] ワークスペースのアラート定義
オプション 説明
アクション

1 つ以上のアラート定義を選択し、[有効化]、[無効化]、または [継承] を選択してこのポリシーの状態を変更します。

フィルタ オプション

[ファイルタイプ] および [状態] ドロップダウン メニューでオプションの選択を解除し、シンプトム定義のリストを絞り込みます。

[影響] は、アラートが適用される健全性、リスク、効率のバッジを示します。

[クリティカル度] は、アラート定義が適用される情報、クリティカル、緊急、警告、自動のクリティカル度の各タイプを示します。

[自動化] は、アラートがトリガされたときに自動化が有効になっているアクションを示したり、無効なアクションまたは継承されているアクションを示します。自動化が有効になっているアクションは、緑色のチェックマーク付きで継承として表示されることがあります。これは、ポリシーが互いに設定を継承できるからです。たとえば、ベース ポリシーの自動化の設定が緑色のチェックマークの付いた [ローカル] である場合、この設定を継承する他のポリシーには、継承していることを示す緑色のチェックマークが表示されます。

オブジェクト タイプ

オブジェクト タイプでアラートの定義リストをフィルタします。

ページ サイズ

1 ページあたりに一覧表示するアラート定義の数。

フィルタ

アラートの定義リストのデータを特定します。

アラート定義データ グリッド

オブジェクト タイプのアラートの定義に関する情報が表示されます。アラート定義名の上にマウスを置くと、アラート定義のフルネームと重要度アイコンがツールチップに表示されます。

  • アラートの定義。アラート定義のわかりやすい名前。
  • 重要度。アラートの重要度を示します。
  • シンプトム。アラートに定義されているシンプトムの数。
  • 実行可能な推奨事項。優先順位が最も高いアクションを含んだ推奨のみ。自動化できるのは、その推奨だけです。
  • 自動化。アクションが [ローカル] に設定されている場合、そのアクションではアラートがトリガされたときの自動化が有効です。自動化が有効になっているアクションは、緑色のチェックマーク付きで継承として表示されることがあります。これは、ポリシーが互いに設定を継承できるからです。たとえば、ベース ポリシーの自動化の設定が緑色のチェックマークの付いた [ローカル] である場合、この設定を継承する他のポリシーには、継承していることを示す緑色のチェックマークが表示されます。
  • アダプタ。アラートが定義されているデータ ソース タイプ。
  • オブジェクト タイプ。アラートが適用されるオブジェクトのタイプ。
  • 状態。アラートの定義の状態。有効、無効、またはベース ポリシーからの継承です。

このパッケージを構成しないと、選択したベース ポリシーの設定が継承されます。