選択したコンテナのワークロードの最適化に関する情報が表示される 2 ページのダイアログ ボックスです。最適化アクションを実行すると、vRealize Operations Cloud は、運用およびビジネス上の目的の設定に従って、リソースを最適化するために、どの仮想マシンを別のクラスタに移動できるかをチェックします。移動計画に含まれている仮想マシン、または計画から除外されている仮想マシンのリストに関する情報を提供するレポートをダウンロードできます。このレポートは、いくつかの仮想マシンが計画から除外された理由を示します。

最初のページ:可能な最適化アクションの現在のワークロード(最適化「前」のワークロード。たとえば CPU 105%)および予想される結果(最適化「後」のワークロード。たとえばストレージ使用率 45%)。

2 番目のページ:コンピューティング リソースとストレージ リソースについて計画されている具体的な移動。

注: 最適化の移動計画は存在しない可能性があります。レポートを確認して、 vRealize Operations Cloud が移動計画を提供できなかった理由を確認します。

[配置の最適化] を確認できる場所

[ワークロード最適化] 画面で、[最適化の推奨事項] ペインで [今すぐ最適化] を選択します。

表 1. [クラスタの最適化] オプション
オプション 説明
クラスタ バランスの比較 (上記の最初のページ)前後の数値に問題がなければ、[次へ] をクリックします。
最適化移動の確認 (上記の 2 番目のページ)計画されている移動で問題がなければ、[アクションの開始] をクリックします。
注: [アクションの開始] をクリックする前に、最適化計画レポートを確認します。
レポートのダウンロード 最適化計画レポートは、CSV 形式で、次の情報を提供します。
  • 最適化計画のサマリ。
  • 最適化計画を構成する移動の概要。
  • データセンターに関連する問題。最適化を進める前に、これらの問題を解決してください。
  • 特定の仮想マシンとその構成に該当する問題と非互換性。該当する場合は、これらの問題を解決してください。
  • 仮想マシンの移動計画によって特定された特定の仮想マシンとそのターゲットの宛先に該当する移動試行の失敗。これらの問題と互換性の問題を解決します。

例:ワークロード最適化の実行 」も参照してください。