vRealize Operations Cloud では、20 のアプリケーション サービスがサポートされています。サポートされているアプリケーション サービスがここに表示されます。一部のアプリケーション サービスには、構成する必要がある必須のプロパティがあります。一部のアプリケーション サービスには、事前に構成する必要がある事前要件があります。プロパティを構成すると、データが収集されます。

Active Directory

vRealize Operations Cloud では、Active Directory がサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。

アクティブ MQ

ActiveMQ は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
サーバ URL http://localhost:8161
ユーザー名 Active MQ のユーザー名。例:admin
パスワード パスワード
インストール パス

Active MQ がインストールされているエンドポイント上のパス。

例:

Linux 仮想マシンの場合:/opt/apache-activemq

Windows 仮想マシンの場合: C:\apache-activemq-5.15.2

Apache HTTPD

Apache HTTPD は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ステータス ページ URL http://localhost/server-status?auto
ユーザー名 いいえ Apache HTTPD サービスのユーザー名。例:root
パスワード いいえ パスワード
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

Java

Java は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ベース URL http://localhost:8080
インストール パス Java がインストールされているエンドポイント上のパス。たとえば、Linux 仮想マシンの場合:/opt/vmware/ucp、Windows 仮想マシンの場合:C:\VMware\UCP
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

JBoss

JBoss は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ベース URL http://localhost:8080
インストール パス JBoss がインストールされているエンドポイント上のパス。
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

MongoDB

MongoDB は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ポート MongoDB が実行されているポート。例:27017
ホスト名 いいえ MongoDB サービスのオプションのホスト名。
ユーザー名 いいえ MongoDB のユーザー名。例:Root
パスワード いいえ パスワード
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

MS Exchange

MS Exchange は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。

MS IIS

MS IIS は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。

MS SQL

MS SQL は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
インスタンス MS SQL Server のインスタンス名
ポート いいえ MS SQL が実行されているポート。例:1433
ホスト名 いいえ MS SQL サービスのオプションのホスト名
ユーザー名 MS SQL のユーザー名。例:Root
パスワード パスワード

MySQL

MySQL は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ポート MySQL が実行されているポート。例:3306
ユーザー名 MySQL サービスのユーザー名。例:Root
パスワード パスワード
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
ホスト名 いいえ MySQL サービスのオプションのホスト名
データベース いいえ 監視するデータベースのカンマ区切りリスト。監視する各データベースの名前を一重引用符で囲んで、データベースをカンマで区切る必要があります。例:'database1','database2','database3'
TLS 接続 いいえ 指定可能な値:true、false、skip-verify

Nginx

Nginx は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ステータス ページ URL http://localhost/nginx_status
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

NTPD

NTPD は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。

Pivotal Server

Pivotal Server は vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ベース URL http://localhost:8080
インストール パス Pivotal Server がインストールされているエンドポイント上のパス。
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

Postgres

Postgres は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ポート PostgreSQL が実行されているポート。例:5432
ユーザー名 PostgreSQL サービスのユーザー名。例:Root
パスワード パスワード
SSL 接続 いいえ 指定可能な値:disable、verify-ca、verify-full。
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:true/false。
ホスト名 いいえ PostgreSQL サービスのオプションのホスト名。
デフォルト データベース いいえ サーバとの接続を開始するデータベース。
データベース いいえ 監視するデータベースのカンマ区切りリスト。監視する各データベースの名前を一重引用符で囲んで、データベースをカンマで区切る必要があります。例:'database1','database2','database3'。
無視するデータベース いいえ 監視する必要のないデータベースのカンマ区切りリスト。監視から除外する各データベースの名前を一重引用符で囲んで、データベースをカンマで区切る必要があります。例:'database1','database2','database3'。

RabbitMQ

RabbitMQ は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
管理プラグイン URL http://localhost:15672
ユーザー名 いいえ RabbitMQ のユーザー名。例:Guest
パスワード いいえ パスワード
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。
ノード いいえ 各 RabbitMQ データ収集ノードを一重引用符で囲んで、ノードをカンマで区切る必要があります。ノードのリストは、角括弧で囲む必要があります。例:['rabbit@node1','rabbit@node2',.....]

Riak

Riak は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
サーバ URL http://localhost:8098

Sharepoint

Sharepoint は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。

Tomcat

Tomcat は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ベース URL http://localhost:8080
インストール パス Tomcat がインストールされているエンドポイント上のパス。
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

Weblogic

Weblogic は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
ベース URL http://localhost:7001
インストール パス WebLogic がインストールされているエンドポイント上のパス。
ユーザー名 WebLogic のユーザー名。例:admin
パスワード パスワード
SSL CA いいえ エンドポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンドポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンドポイントの SSL キー ファイル パス。
SSL 検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

Websphere

Websphere は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 アプリケーション インスタンスの表示名。
IBM Websphere サーバ URL 例:http://localhost:9081
Websphere 認証トークン
トークンを生成するには、次の手順を実行します。
  • https://www.base64encode.org にアクセスします。
  • 作成したユーザーとパスワードを、ユーザー:パスワードの形式で入力します。
  • [Encode] ボタンをクリックします。
  • 生成された Base64 エンコード文字列をコピーします。例:d2F2ZWZyb250OndhdmVmcm9udA==

リモート チェック

HTTP リモート チェック

HTTP は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 リモート チェック インスタンスの表示名。
URL http://localhost
方法 GET/POST/PUT
プロキシ いいえ プロキシ URL:http://localhost
応答タイムアウト いいえ 接続のタイムアウト(秒単位)。例:10
リダイレクトをフォロー いいえ True/False(サーバからリダイレクトする場合)。たとえば、true/false(すべて小文字)のように指定します。
本文 いいえ HTTP 要求本文。
応答文字列一致 いいえ 応答本文での部分文字列一致または正規表現一致。
SSL CA いいえ エンド ポイントの SSL CA ファイル パス。
SSL 証明書 いいえ エンド ポイントの SSL 証明書ファイル パス。
SSL キー いいえ エンド ポイントの SSL キー ファイル パス。
ホストとチェーン検証のスキップ いいえ SSL を使用するがチェーンとホストの検証をスキップ。指定可能な値:True/False。

ICMP リモート チェック

ICMP は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 リモート チェック インスタンスの表示名。
FQDN/IP パケットを送信するホスト名。例:example.org
いいえ 間隔ごとに送信する ping パケットの数。例:1
ping 間隔 いいえ ping パケット間の待機時間(秒単位)。例:10.0
注: 例に記載されているように小数点を使用してください。
タイムアウト いいえ ping 応答の待機タイムアウト(秒単位)。例:10.0
注: 例に記載されているように小数点を使用してください。
期限 いいえ 全 ping の期限(秒単位)。例:30
インターフェイス いいえ ping の送信元のインターフェイスまたはソース。

TCP リモート チェック

TCP は、vRealize Operations Cloud でサポートされています。

名前 必須? コメント
表示名 リモート チェック インスタンスの表示名。
アドレス <hostname>:port
送信 いいえ 指定された文字列が TCP に送信されます。これは任意の文字列にすることができます。
想定 いいえ 指定された文字列を TCP から予期します。これは任意の文字列にすることができます。
タイムアウト いいえ TCP サーバへの接続のタイムアウト。例:10
読み取りタイムアウト いいえ TCP サーバからの応答のタイムアウト。例:10

UDP リモート チェック

UDP は、 vRealize Operations Cloud でサポートされています。
名前 必須? コメント
表示名 リモート チェック インスタンスの表示名。
アドレス <hostname>:port
送信 指定された文字列が UDP に送信されます。
想定 指定された文字列を UDP から予期します。
タイムアウト いいえ UDP サーバへの接続のタイムアウト。例:10
読み取りタイムアウト いいえ UDP サーバからの応答のタイムアウト。例:10