アプリケーション サービスのアクティベートを解除して、vRealize Operations Cloud にデータを送信しているアプリケーション サービスの監視を停止することができます。

[前提条件]
  • プラグインのアクティベーションの解除にエンドポイント仮想マシン上のファイル(SSL 信頼用のクライアント証明書など)の場所が必要である場合は、arcuser がそれらのファイルにアクセスするための適切な読み取り権限が、その場所およびファイルに設定されている必要があります。
    注: 権限拒否ステータスがプラグインで表示される場合は、プラグインのアクティベーション時に指定したファイルの場所に対する権限を arcuser に付与してください。

[アプリケーション サービスのアクティベート解除]

プラグインをアクティベート解除して、vRealize Operations Cloud にデータを送信しているアプリケーション サービスの監視を停止するには、次の手順を行います。

  1. [インベントリ] > [エージェントの管理] タブに移動します。
  2. エージェントがインストール済みである仮想マシンを選択します。
  3. [サービスの管理] アイコンを選択し、ドロップダウン メニューで [サービス名] を選択します。
  4. [<サービス名> エージェントの管理] ダイアログ ボックスの右側のペインからアプリケーション サービスをアクティベート解除します。
  5. [保存] をクリックします。

エージェントを停止した場合、プラグインをアクティベートまたはアクティベート解除することはできません。仮想マシンをパワーオフした場合、または クラウド プロキシとの接続が失われた場合、プラグインを構成またはアクティベートすることはできません。

アプリケーション サービスのアクティベーションの詳細については、「アプリケーション サービスのアクティベート」を参照してください。