[トリガされたアラート] ページは、 vRealize Operations Cloud で生成された全アラートのリストです。すべてのアラートは、[トリガされたアラート] > [すべて] で確認できます。管理者は、[アラート] メニューの横にある警告アイコンをクリックするか、[トリガされたアラート] > [ 管理] をクリックして、管理アラートを表示できます。このアラート リストを使用して、環境の状態を判断したり、問題の解決に着手したりします。

[トリガされたアラート] ページの機能

デフォルトでは、最初はアクティブなアラートのみがリストされ、アラートは時間でグループ化されます。リストのアラートはツールバー オプションを使用して確認および管理します。Shift キーまたは Control キーを押しながらクリックすると、リストの行を複数選択できます。

アラートの詳細を表示するには、アラート名をクリックします。アラートの詳細(アラートによってトリガされたシンプトムなど)が右側に表示されます。アラートに対処するための推奨事項と、推奨事項を実行するリンクがシステムから提示されます。詳細に [アクションの実行] ボタンが表示されることがあります。このボタンをポイントすると、ボタンをクリックした場合に実行される推奨事項を確認できます。代わりに、[アラート] データ グリッドに [実行] ボタンと [提案された修正] を表示することもできます。[実行] オプションが有効であるアラートでフィルタリングし、[アラート] データ グリッドから、推奨されるタスクを実行してアラートに対処できます。データ グリッドに [提案された修正] 列と [実行] 列を含めるには、アラート リストの左下にある小さいボックスをクリックします。

アラートが生成されたオブジェクトの名前をクリックすると、オブジェクトの詳細が表示され、メトリックやイベントに関連する追加情報にアクセスできます。

以前のバージョンの vRealize Operations Cloud からアラートを移行した場合、そのアラートはキャンセル済みステータスで表示され、アラートの詳細は使用できません。

[すべてのアラート] ページの場所

メニューで、[アラート] > [ すべて] をクリックします。

[管理アラート] ページの場所

メニューで、[アラート] > [ 管理] をクリックします。[管理アラート] ページは、ユーザーがグローバル管理者ユーザーである場合、または管理者権限が割り当てられている場合にのみ表示できます。

[トリガされたアラート] のオプション

アラート オプションには、ツールバーとデータ グリッドのオプションが含まれます。ツールバー オプションは、アラート リストのソートや、キャンセル、サスペンド、所有権の管理に使用します。データ グリッドは、アラートとアラートの詳細の表示に使用します。

リストからアラートを選択すると、次のようなアクション メニューが有効になります。

表 1. [アクション] メニュー
オプション 説明
アラートのキャンセル

選択したアラートをキャンセルします。アクティブなアラートのみを表示するようにアラート リストが構成されている場合、キャンセルされたアラートはリストから除外されます。

対処の必要がないアラートをキャンセルします。アラートをキャンセルしても、その生成の基盤となった条件はキャンセルされません。アラートのキャンセルは、アラートが障害やイベントのシンプトムによってトリガされた場合に有効です。なぜなら、これらのシンプトムは、監視対象オブジェクトで障害やイベントが引き続き発生した場合に限って再度トリガされるためです。メトリックやプロパティのシンプトムに基づいてアラートが生成された場合、そのアラートは次の収集および分析サイクルまでに限ってキャンセルされます。違反値が依然として存在する場合は、アラートが再度生成されます。

キャンセルされたアラートを削除 グループ選択するか個別にアラートを選択して、キャンセルされた(非アクティブの)アラートを削除します。アクティブ アラートではこのオプションは無効になります。
サスペンド

指定された分数の間アラートをサスペンドします。

アラートを調査しているとき、作業中にアラートがオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響しないようにアラートをサスペンドします。経過時間後に問題が解決されない場合、アラートが再アクティブ化され、再びオブジェクトの健全性、リスク、または効率に影響を与えます。

アラートをサスペンドしたユーザーは所有者として割り当てられます。

割り当て先 ユーザーにアラートを割り当てます。特定のユーザー名を検索し、[保存] をクリックして、選択したユーザーにアラートを割り当てます。
所有権の取得

現在のユーザーとして、自分自身をアラートの所有者にします。

アラートの所有権を獲得できるだけで、所有権を割り当てることはできません。

所有権の解放

アラートのすべての所有権が解放されます。

アラート定義への移動 [アラートの定義] ページに切り替わり、以前選択したアラートの定義が表示されます。
無効化... アラートを無効にするためのオプションが 2 つ用意されています。

すべてのポリシーでアラートを無効化:すべてのポリシーのすべてのオブジェクトでアラートを無効にします。

選択したポリシーでアラートを無効化:選択したポリシーが含まれるオブジェクトでアラートを無効にします。この方法は、アラートのあるオブジェクトでのみ機能することに注意してください。

外部アプリケーションを開く 選択したオブジェクトに対して実行できるアクション。

(たとえば、[vSphere Client で仮想マシンを開く] など)。

表 2. 次でグループ分けオプション
オプション 説明
なし アラートはグループ分けされません。
時刻 アラートをトリガされた時間でグループ化します。デフォルトのオプションです。1 時間、4 時間、今日および昨日、今週の曜日、先週およびさらに古い時間でグループ化することもできます。
重要度 アラートをクリティカル度でグループ化します。値はクリティカル度の低い方から [情報]、[警告]、[緊急]、[クリティカル] です。下の表「[すべてのアラート] データ グリッド」の「オプション」欄の「クリティカル度」も参照してください。
定義 アラートを定義でグループ化します。つまり、類似するアラートをグループ化します。
オブジェクト タイプ アラートをトリガしたオブジェクトのタイプで、アラートをグループ化します。たとえば、ホストに関するアラートをグループ化します。
スコープ アラートをスコープでグループ化します。選択したスコープ内でアラートを検索できます。
表 3. すべてのフィルタ
すべてのフィルタ 説明
フィルタリング オプション リストされるアラートを、選択したフィルタと一致するものに限定します。

たとえば、[次でグループ分け] メニューで [時間] オプションを選択したとします。すると、[すべてのフィルタ] メニューで [ステータス] -> [アクティブ] を選択できるようになり、[すべてのアラート] ページにアクティブなアラートのみが、トリガされた時間順に表示されます。

選択されたオプション(フィルタの詳細については、表「[次でグループ分け] オプション」および「[すべてのアラート] データ グリッド」も参照してください)。
所有者 アラートを所有するオペレータの名前。
影響

アラートの影響を受けたアラート バッジ。影響を受けたバッジ、健全性、リスク、または効率では、特定された問題の緊急度のレベルが示されます。

制御状態
ユーザーのアラートとの相互作用の状態です。値には、次の種類があります。
  • オープン。アラートはアクションに対して使用可能で、ユーザーには割り当てられていません。
  • 割り当て済み。ログイン ユーザーが [所有権の取得] をクリックしたときに、そのユーザーにアラートが割り当てられています。
  • サスペンド中。アラートは指定された時間中サスペンドされました。オブジェクトの健全性、リスク、および効率に対して、アラートの影響が一時的に及ばないようにされています。この状態が便利なのは、システム管理者が問題を検討しており、アラートの影響をオブジェクトの健全性のステータスに与えたくないときです。
オブジェクト タイプ

アラートの生成の基となったオブジェクトのタイプ。

更新日時

アラートが最後に変更された日時。

アラートは、次のいずれかの変更が発生するたびに更新されます。
  • アラート定義に含まれる別の症状が発生した場合。
  • アラートを引き起こす原因となった症状のトリガーがキャンセルされた場合。
キャンセル日時
アラートが次のいずれかの理由でキャンセルされた日時。
  • アラートを起動した症状がアクティブでなくなった場合。アラートはシステムによってキャンセルされます。
  • オブジェクトに適用されるポリシーで該当する症状の定義が無効になっているためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。
  • 該当する症状の定義が削除されたためにアラートを起動した症状がキャンセルされた場合。
  • オブジェクトに適用されるポリシーでこのアラートのアラート定義が無効になっている場合。
  • アラート定義が削除された場合。
  • ユーザーがアラートをキャンセルした場合。
操作 [実行] オプションが有効であるアラートに基づいてフィルタリングするには、[はい] を選択します。[実行] オプションが無効であるアラートに基づいてフィルタリングするには、[いいえ] を選択します。

[アラート] データ グリッドには、生成されたアラートのリストが表示されます。これを参考に、環境内の問題を解決します。各列の見出しの矢印を使用すると、リストを昇順または降順で並べることができます。

表 4. [トリガされたアラート] データ グリッド
オプション 説明
重要度

環境内でのアラートの重要度レベルを示します。

このレベルは、アラート定義の作成時に割り当てられたレベルに基づきます。割り当てられたレベルが [シンプトム ベース] の場合は、症状の最高の重要度に基づきます。

次の値があります。
  • 重大
  • 緊急
  • 警告
  • 詳細情報
アラート

アラートを生成したアラートの定義名。

アラート名をクリックすると、そのアラートの詳細が右側に表示されます。

起動元

アラートが生成されたオブジェクトの名前と、オブジェクト名の上にマウスを置いたときにツールチップに表示されるオブジェクト タイプです。

オブジェクト名をクリックすると、オブジェクトの詳細タブが表示されます。ここで、オブジェクトに他に何か問題がないかどうかについて調査を開始できます。

作成日時

アラートが生成された日時。

ステータス

アラートの現在の状態。

値には、[有効] または [キャンセル済み] があります。

アラート タイプ

選択したオブジェクトに対して起動したアラートのタイプが表示されます。これにより、アラートを分類し、特定タイプのアラートを特定のシステム管理者に割り当てることができます。たとえば、[アプリケーション]、[仮想化/ハイパーバイザー]、[ハードウェア]、[ストレージ]、[ネットワーク]、[管理]、[検出] などが表示されます。

アラート サブタイプ

選択したオブジェクトに対して起動したアラートのタイプについて、その他の情報が表示されます。これにより、アラート タイプよりも詳細にアラートを分類し、特定タイプのアラートを特定のシステム管理者に割り当てることができます。たとえば、[可用性]、[パフォーマンス]、[容量]、[コンプライアンス]、[構成] などが表示されます。

重要度 アラートの優先度が表示されます。アラートの重要度レベルは、スマート ランク付けアルゴリズムを使用して決定されます。
提案された修正 アラートに対処するための推奨事項を表示します。
操作 アラートに対処するための推奨事項を実行するには、このボタンをクリックします。