vRealize Operations Cloud では、クラウド プロキシを使用して、オンプレミス データセンターからデータを収集および監視できます。通常、物理データセンターごとに 1 つのクラウド プロキシだけが必要です。vRealize Operations Cloud に 1 つ以上のクラウド プロキシをデプロイし、オンプレミス環境と vRealize Operations Cloud の間で一方向通信を確立できます。クラウド プロキシは一方向のリモート コレクタとして機能し、オンプレミス環境から vRealize Operations Cloud へのデータのアップロードを行います。クラウド プロキシは、複数の vCenter Server アカウントをサポートできます。

前提条件

  • vSphere に IP アドレス、DNS エントリと、OVF テンプレートをデプロイする権限があることを確認します。
  • vSphere にログインし、vCenter Server システムに接続していることを確認します。
  • 送信 HTTPS トラフィックが cloud proxy に対して許可されていることを確認します。cloud proxy は、HTTPS を使用して vRealize Operations Cloud ゲートウェイと通信します。
  • HTTPS ポート 443 を使用して VMware Cloud Services に接続します。送信トラフィックにこのポートを開いて、ファイアウォール経由で次のアドレスにアクセスできるようにします。
  • vCenter Server クラウド アカウントを追加し、次の読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
    • vCenter Server の IP アドレスまたは FQDN
    • vCenter Server にクラウド プロキシをインストールするために必要な権限。

    権限の詳細については、「vCenter Server アダプタ インスタンスの構成に必要な権限」を参照してください。

手順

  1. vRealize Operations Cloud にログインします。
  2. メニューで [管理] をクリックし、左側のペインで [管理] > [Cloud Proxy] を選択し、[新規] をクリックします。
  3. OVA パスを保存します。必要に応じて [クラウド プロキシ OVA のダウンロード] をクリックし、OVA ファイルをダウンロードしてローカルに保存します。
    • VMware vRealize® Operations Cloud Appliance™ のリンクをコピーするには、Cloud Proxy OVA の [パスをコピー] のアイコンをクリックします。
    • OVA ファイルをダウンロードしてローカルに保存するには、[クラウド プロキシ OVA のダウンロード] をクリックします。
  4. vSphere に移動し、vCenter Server クラスタの名前を選択し、[アクション] メニューから [OVF テンプレートのデプロイ] を選択します。
  5. OVA リンクを挿入し、[次へ] をクリックします。
    • [URL] フィールドに cloud proxy OVA リンクを貼り付けます。
    • [ローカル ファイル] オプションをクリックし、ダウンロードした OVA ファイルを参照して選択します。
  6. プロンプトに従って、vCenter Server に OVA をインストールします。
    サイジングとスケーリングに関する最新情報については、 ナレッジベースの記事 KB78491 を参照してください。
  7. [テンプレートのカスタマイズ] 画面でワン タイム キー (OTK) を入力するように求められたら、vRealize Operations Cloud の [Cloud Proxy のインストール] 画面に戻り、[キーのコピー] アイコンをクリックします。
    ワン タイム キーの有効期限は、生成後 24 時間です。期限切れのキーを使用しないようにするため、続行する前に [キーの再生成] をクリックします。 cloud proxy では vRealize Operations Cloud への認証にワン タイム キーが使用されます。
  8. vSphere に戻り、[ワン タイム キー] テキストボックスにキーを貼り付けて vRealize Operations Cloud Appliance をインストールします。
  9. (オプション) [テンプレートのカスタマイズ] 画面でプロキシ サーバを設定します。
    1. [ネットワーク プロキシの IP アドレス][ネットワーク プロキシのパスワード] プロパティに詳細を入力します。
    2. SSL を有効にするには、[プロキシへの SSL 接続を使用する] チェック ボックスをオンにします。
    3. SSL を使用する場合は、プロキシ サーバの証明書を検証できます。パブリック認証局は、プロキシ サーバ証明書を検証するために使用されます。これを有効にするには、[SSL 証明書の確認] プロパティの [プロキシの SSL 証明書を確認する] チェックボックスをオンにします。
    4. カスタム認証局がある場合は、[カスタム CA] プロパティにルート認証局を貼り付けて、プロキシ サーバの証明書を確認します。ルート認証局がクラウド プロキシに渡されます。認証局からの次の行を含めないでください。
      "-----BEGIN CERTIFICATE-----" 
      "-----END CERTIFICATE-----"
  10. [終了] をクリックします。
    デプロイが完了するまで数分かかります。
  11. 直前にインストールした cloud proxy を見つけて vRealize Operations Cloud Appliance を選択し、[パワーオン] をクリックします。
    注: vRealize Operations Cloud Appliance は、登録から 24 時間以内にパワーオンする必要があります。24 時間後にワン タイム キーの有効期限が切れるため、 vRealize Operations Cloud Appliance を削除して別の cloud proxy をデプロイする必要があります。
  12. vRealize Operations Cloud の [Cloud Proxy] 画面に戻り、インストールした cloud proxy のステータスを確認します。
    オプション 説明
    名前 cloud proxy の名前。
    IP アドレス cloud proxy の IP アドレス。
    ステータス cloud proxy のステータス。たとえば、新しい cloud proxy の追加時に [オンライン接続中] ステータスが数分間表示されます。cloud proxyvRealize Operations Cloud に接続されると、ステータスが [オンライン] に切り替わります。vRealize Operations Cloud が接続されていない場合は、[オフライン] ステータスが表示されます。
    クラウド アカウント 作成され、cloud proxy に関連付けられているクラウド アカウントの数。
    その他のアカウント 作成され、cloud proxy に関連付けられているアカウントの数。
    作成日 cloud proxy のインストール日付。
  13. この接続を使用しているアカウントを表示するには、[Cloud Proxy] をクリックします。
    cloud proxy からクラウドへの通信は、一方向です。 cloud proxy は、この接続を開始し、必要に応じてクラウドからデータ(アダプタ構成やアップグレード PAK など)を取得します。 cloud proxy は、https プロトコル経由の一般的なインターネット アクセスを必要としますが、特別なファイアウォール構成は不要です。 cloud proxy は、接続先のクラウド サービスの証明書を検証します。SSL をブロックする透過的なプロキシ サーバがある場合は、それによって cloud proxy の接続に問題が発生する可能性があります。

    cloud proxy は、企業のプロキシ サーバ経由の接続もサポートします。プロキシ設定は、OVF をデプロイするときに指定します。

  14. (オプション) cloud proxy を削除するには、[削除] をクリックします。

次のタスク

cloud proxy をアップグレードします。詳細については、『VMware vRealize Manager vApp デプロイ ガイド』の「Upgrading Cloud Proxy」というトピックを参照してください。

cloud proxy の問題のトラブルシューティングを行います。詳細については、Troubleshooting Cloud Proxyを参照してください。