vRealize Operations Cloud で作業を開始する前に、vRealize Operations Cloud を使用して管理するパブリックおよびプライベート クラウド アカウントを特定します。

表 1. vRealize Operations Cloud をオンにする前に
次を行うには... 次が必要...
vRealize Operations Cloud にサインアップするか、ログインする。 VMware ID
VMware Cloud Services に接続します。

HTTPS ポート 443 は、次のアドレスへのアクセスを許可するために開かれて、送信トラフィックがファイアウォールを通れるようにします。

注: これらのネットワーク設定は、 cloud proxyvRealize Operations Cloud に接続するために使用されます。 cloud proxy が HTTPS 経由でこれらの URL と通信できることを確認します。詳細については、 vRealize Operations Cloud でのクラウド プロキシの構成を参照してください。
vCenter Server のクラウド アカウントを追加します。 次のものの読み取りおよび書き込み権限を持つアカウントを指定します。
  • vCenter Server の IP アドレスまたは FQDN
  • vCenter Server にクラウド プロキシをインストールするために必要な権限。

権限の詳細については、「vCenter Server アダプタ インスタンスの構成に必要な権限」を参照してください。