SSH を使用して cloud proxy インスタンスにアクセスし、そのコマンドライン インターフェイスを使用して次のアクションを実行できます。

  • 最新バイナリの自動ダウンロードが失敗した場合の、クラウド プロキシの手動アップグレード。自動ダウンロードが失敗すると、vRealize Operations Cloud ユーザー インターフェイスに通知が表示されます。cloud proxy インスタンスを手動で最新バージョンにアップグレードするには、次のナレッジベースの記事80590を参照してください。
  • サポート バンドルの生成。
  • クラウド プロキシの健全性および接続の詳細を示すステータスの収集。
コマンド ライン 説明
cprc-cli -h, --help ヘルプ メッセージと、コマンドライン インターフェイスの使用方法を表示します。
cprc-cli -s, --status cloud proxy のライフサイクル ステータス、構成の詳細、アップグレード関連情報などをプリントします。これは、サポートおよびトラブルシューティングに関連する必要な情報を取得する場合や、vRealize Operations Cloud への接続を確認する場合、製品バージョン番号を確認する場合などに役立ちます。
cprc-cli -u PRODUCT_PAK, --upgrade PRODUCT_PAK cloud proxy インスタンスは、自動アップグレードがデフォルトで有効になっています。ただし、例外的な問題が発生したために自動アップグレードが失敗した場合は、このコマンド ラインを使用して、クラウド プロキシ インスタンスを目的のバージョンにアップグレードします。
cprc-cli -sb, --generate-support-bundle ログ、構成、およびステータス ファイルのパッケージである cloud proxy サポート バンドルを生成します。サポート バンドルは、製品のサポートおよびトラブルシューティングに必要です。生成されたサポート バンドルは、/storage/db/vmware-vrops-cprc/support/ の場所にあります。
cprc-cli -rsb SUPPORT_BUNDLE, --remove-support-bundle SUPPORT_BUNDLE 指定されたサポート バンドルをすべて削除します。システム組み込みのコマンドを使用して、生成されたサポート バンドル パッケージを削除できますが、そのアクションにはこのコマンドを使用することをお勧めします。
cprc-cli -fm, --enable-fips-mode cloud proxy の FIPS モードを有効にします。