VMware vSAN 対応クラスタに仮想マシンを追加または削除して、What-If シナリオを実行して、ハイパーコンバージド インフラストラクチャのワークロード プランニングを実行できます。提示されたワークロードが、提案された場所に適合するかしないかが、vRealize Operations Cloud によって示されます。適合する場合は、主要なターゲット クラスタと、適合可能な追加の場所が結果に一覧表示されます。ワークロードのリソースが不足するまでの残り時間もシステムによって予測されます。

What-if 分析 - [ワークロード プランニング:ハイパーコンバージド] を確認できる場所

メニューから、[ホーム] を選択して、左側のペインで [Optimize Capacity] > [What-If 分析] を選択します。[What-if 分析] ページで、[ワークロード プランニング:ハイパーコンバージド] を選択します。What-if シナリオを実行するには、[Add VMS] または [Remove VMS] をクリックします。

What-if 分析 - [ワークロード プランニング:ハイパーコンバージド] の仕組み

VMware vSAN 環境に対してワークロードを追加または削除することができるシナリオを定義します。ワークロード シナリオは、特定のストレージ ポリシー関連要素(FTT、RAID など)に関連付けられた仮想マシンに基づいています。
注: インポートされた仮想マシンに基づいてワークロードが追加され、仮想マシンが現在 VMware vSAN 対応クラスタにある場合、 VMware vSAN ポリシー設定は適用されず、現在の仮想マシンのディスク容量は現状の状態になります。

仮想マシンのキャパシティとコストのプランニングに関するサポート:VMC データセンター

仮想マシンが VMware Cloud on Amazon Web Services (VMC) クラスタの一部となっているハイパーコンバージド環境で、仮想マシン (VM) のキャパシティ プランニングとコスト計算を実行できるようになりました。 vRealize Operations Cloud は、ハイパーコンバージド環境で VMC データセンターから仮想マシンを追加または削除する際に、キャパシティに関する正確な提案とコスト計算を提供します。

コスト計算は、VMC アダプタによって収集された請求書またはリファレンスに基づいて行います。VMC コストの詳細については、 vRealize Operations Cloud ヘルプの vRealize Operations Cloud のセクションにある、VMware Cloud on AWS のコスト管理に関する説明を参照してください。