特定のプロセスをトラブルシューティングするために、スクリプトをアップロードするか、コマンドを実行して特定の情報を受け取ることができます。該当する場合は、標準出力または標準エラーが表示されます。

このアクションを実行する場所

サポート対象のオブジェクトおよびオブジェクト レベルについて、メイン メニューで、[環境] タブを選択し、インベントリ ツリーから関連する仮想マシンを選択します。このアクションは、 vRealize Operations Cloud のトップ メニューのすぐ下にある [アクション] メニューから実行できます。

前提条件

  • VMware Tools がインストールされ、仮想マシン上で実行している必要があります。詳細については、KB 75122 を参照してください。
  • サービス検出は、仮想マシンの検出が成功した場合に有効になります。
  • 仮想マシンがパワーオン状態で接続されている必要があります。

アクションのオプション

仮想マシンのゲスト OS の認証ステータスが「成功」の場合でも、認証のための VM 資格情報を入力します。スクリプトを実行するには、直接入力するか、オプションで引数を指定してスクリプト ファイルをアップロードします。

オプション 説明
ファイルのアップロード このオプションを使用して、実行するスクリプトを参照し、アップロードします。
ファイル スクリプト ファイルを参照し、アップロードします。
引数 スクリプト内の引数を一覧表示します。
コマンド このオプションを選択し、テキスト ボックスにコマンドを入力します。
タイムアウト 仮想マシンのスクリプト実行がタイムアウトしました。ダイアログ ボックスが閉じている場合でも、スクリプトの実行は継続されます。[管理] > [履歴] > [最近のタスク]でステータスを確認できます。
実行 スクリプトまたはコマンドを実行します。
stdout 標準出力を表示します。
stderr エラーがある場合は、エラーが表示されます。