vSphere Distributed Resource Scheduler (DRS) の自動化ルールは vRealize Operations Cloud から構成および監視できます。DRS は環境内のリソースの監視と割り当てを行い、ホストと仮想マシン全体で計算キャパシティのバランスを調整します。

アクションの動作

DRS 自動化の設定アクションは、DRS の自動化ルールを監視および構成します。DRS 自動化の設定アクションを使用すると、DRS を有効または無効にできます。

vRealize Automation が環境内のいずれかの仮想マシンを管理する場合、そのオブジェクトに対して DRS 自動化の設定アクションは使用できません。

このアクションを実行する場所

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Cloud の次の場所で使用可能です。
  • トップ メニューのすぐ下。
  • ツールバーのメニューで [環境] をクリックし、オブジェクトを選択し、[詳細] タブ、[ビュー] の順にクリックする。
  • ツールバーのメニューで [環境] をクリックしてオブジェクトを選択し、[環境] タブをクリックして、リスト ビューのオブジェクトを選択する。
  • インベントリ リストのメニューで [管理] をクリックし、[インベントリ][リスト] タブの順にクリックし、リストのオブジェクトを選択する。
  • 構成済みのアラートの推奨から。
  • ダッシュボード ウィジェットのオブジェクト リストおよびトポロジ グラフから。

[アクション] メニューの項目

正しいオブジェクトに対して正しいアクションを実行していることを確認するため、クラスタに関する次の情報を確認してください。

メニュー項目 説明
名前

vCenter Server インスタンス内のクラスタの名前。

自動化レベル

DRS 自動化のレベル。選択されたクラスタで DRS が完全に自動化されていると、DRS 自動化の設定アクションを実行できます。

移行しきい値

仮想マシンの移行レベルに関する推奨値。移行しきい値は DRS の優先順位レベルに基づいており、クラスタのワークロード不均衡メトリックに基づいて計算されます。

親 vCenter

クラスタが存在する親 vCenter Server インスタンス。

[アクションの開始] をクリックすると、次のダイアログ ボックスで、タスク ID と、タスク リストへのリンクが提供されます。

表 1. [タスク ID] ダイアログ ボックス
オプション 説明
最近のタスク ジョブのステータスを表示し、ジョブが終了したことを確認するには、[最近のタスク] をクリックします。
OK 追加のアクションを実行せずにダイアログ ボックスを閉じるには、[OK] をクリックします。