実際のデータセンターに追加する可能性のあるキャパシティ、または実際のデータセンターから削除する可能性のあるキャパシティについてシナリオを定義します。vRealize Operations Cloud は、シナリオをモデル化し、対象となるデータセンターまたはカスタム データセンターで、目的のワークロードが収まるかどうかを計算します。

[インフラストラクチャ プランニング: 従来型] を確認できる場所

[ホーム] 画面の左側のペインで [キャパシティの最適化] の下にある [What-If 分析] を選択します。[インフラストラクチャ プランニング: 従来型] というタイトルのペインで、[ホストの追加] または [ホストの削除] をクリックします。

[インフラストラクチャ プランニング: 従来型] の What-if 分析の仕組み

従来型インフラストラクチャ プラニング環境を使用すると、環境でキャパシティを追加または削除する影響を正しく予測できます。さまざまなシナリオを試行することで、最適な構成を見出すことができます。[インフラストラクチャ プランニング: 従来型] ペインを選択すると、追加のキャパシティの配置先または既存のキャパシティの削除元を選択できます。

キャパシティを削除するときのプロファイルの選択では、クラスタに存在するサーバ タイプからのみプロファイルを選択できます。

キャパシティを追加するときは、次の 2 つの方法でプロファイルを選択できます。

  • 商業的に使用可能なサーバのリストから、サーバ タイプを選択します。1) クラスタにすでに存在するサーバ タイプのリスト、または 2) 購入が承認されているすべてのサーバ タイプのリストから選択できます。
  • CPU の属性、メモリ、およびコストを指定して、カスタム サーバを手動で構成します。

新しいサーバのプロファイルを設定したら、購入または削除するサーバの数と、シナリオをアクティブにする期間の開始日と終了日を入力します。選択したクラスタで使用可能な選択したサーバ タイプの数によって、削除を計画するサーバの数が制限されます。システムでは、現在の日付から最長で 1 年後に終了するシナリオを予測できます。デフォルトでは、開始日は今日で、終了日は今日から 1 年後です。

この時点で、後で編集または実行するためにシナリオを保存できます。保存済みのシナリオのリストは What-If 分析のメイン ページに表示されます。保存しない場合は、シナリオを実行して、vRealize Operations Cloud によるプランの分析と評価を取得します。

増加または減少した CPU およびメモリがクラスタ サイズに与える影響が即座に表示され、指定したキャパシティを追加または削除する合計コストが表示されます。また、CPU またはメモリが不足するまでの残り時間が、新しいキャパシティの追加またはキャパシティの削除によって延長または短縮されるかどうかも表示されます。

また、リソース使用率がグラフィカルに表示されます。合計キャパシティの使用率がワークロードによってどれだけ増減するかが、CPU およびメモリの各属性値に対して、タイム ラインに従って表示されます。