[キャパシティ] タブには、選択したオブジェクトの残り時間と残りキャパシティのデータが表示されます。残り仮想マシン データは、平均プロファイルに基づいて、またはポリシーで 1 つまたは複数のカスタム プロファイルを有効にしたときに、クラスタ、データセンター、CDC、および vCenter Server で使用できます。

[キャパシティ] タブの場所

  • メニューで、[環境] をクリックし、グループ、カスタム データセンター、アプリケーションまたはインベントリ オブジェクトを選択します。[オブジェクト詳細] 画面が表示されます。[キャパシティ] タブをクリックします。
  • メニューで [アラート] を選択して、[すべてのアラート] 画面を表示します。[アラート] をクリックして、右側にそのアラートの詳細を表示し、[追加メトリックの表示] をクリックして、そのアラートに関する詳細情報やそのアラートをトリガしたオブジェクトを表示します。[キャパシティ] タブをクリックします。

[キャパシティ] タブについて

選択したオブジェクトの [キャパシティ] タブには残り時間とキャパシティ情報の 2 つのペインが表示されます。これらのペインには、それらが枯渇するまでの残りリソースの値が表示されます。

[残り時間] ペインと [キャパシティ] ペインの下に、CPU、メモリ、およびディスク容量の時間およびキャパシティ使用率メトリックが 3 つのペインに表示されます。デフォルトでは、最も制約が大きいリソースが選択されます。[CPU][メモリ]、または [ディスク容量] をクリックして、ビューをこれらのリソースに変更します。これらのペインには、デマンド モデル(デフォルト)または割り当てモデル(構成した場合)に基づいてリソース情報が表示されます。

残り時間ペイン

[残り時間] ペインを選択し、いずれかのリソース タイプをクリックすると、使用率グラフに使用率メトリックの履歴値と、時間に対してプロットされたその予測が表示されます。これは、リソース使用率がどの程度の速度で使用可能なキャパシティに近づいているかを示します。

キャパシティ ペイン

[残りキャパシティ] ペインには、新しい仮想マシンを格納するための仮想環境の未使用キャパシティが表示されます。 vRealize Operations Cloud は、残りキャパシティを、合計に対する残りキャパシティの割合として計算します。残りキャパシティは、使用可能なキャパシティから、現在から 3 日間の使用率メトリック予測を引いた値として計算されます。 vRealize Operations Cloud は、平均プロファイルを計算し、常に平均プロファイルに基づいて残り仮想マシンの数を計算します。横棒グラフの上にある + アイコンをクリックすると、プロファイルを変更できます。 vRealize Operations Cloud は、ポリシーの 1 つまたは複数のカスタム プロファイルを有効にしたときに残り仮想マシンの数を計算します。全体的な残り仮想マシンは、最も制約が大きいプロファイルに基づきます。

キャパシティを選択して、いずれかのリソース タイプをクリックすると、デマンドおよび割り当てモデル(構成した場合)に基づいた棒グラフと値の表が表示されます。棒グラフには、使用可能なリソースの合計、使用率、高可用性およびバッファに割り当てられた割合、およびデマンドおよび割り当てモデル(構成した場合)に基づいた残りパーセンテージが表示されます。

表には、各リソース タイプの次の情報が表示されます。
  • [合計]:デマンド モデルまたは割り当てモデル(構成した場合)に基づいた各リソースタイプの使用可能なキャパシティの合計。合計キャパシティと使用可能なキャパシティの差は、vSphere のクラスタで設定されている HA(アドミッション コントロール)で設定します。
  • [使用可能]:デマンド モデルまたは割り当てモデル(構成した場合)に基づいた各リソース タイプの使用可能なキャパシティの合計。
  • [使用済み]:現在の使用率の概算値。現在から 3 日間の使用率メトリックの予測値を示します。残りキャパシティがゼロより大きい場合は、「使用済み = 使用可能 - 残りキャパシティ」になります。
  • [推奨されるサイズ]:残り時間が緑色のレベルで使用可能な合計キャパシティ。ポリシーのスライダは、残り時間の緑色のゾーンを制御し、デフォルト値は 150 日です。
  • [残り]:残りキャパシティのメトリック値とパーセンテージ。残りキャパシティのメトリックの値は、現在から 3 日間の使用率メトリックを予測し、それを使用可能なキャパシティから引くことによって計算されます。
  • [バッファ ]:ポリシーで設定したバッファ値に基づくキャパシティ バッファの割合。キャパシティ バッファ要素は、追加のヘッドルームの量を決定し、必要に応じてクラスタ内の拡張用に追加の領域を確保します。
  • [高可用性]:高可用性バッファに基づく高可用性の割合。

[キャパシティ] タブはキャパシティ最適化機能のサブセットです。詳細は、キャパシティ概要を参照してください。