[再利用] 画面を使用して、低使用率のワークロードを識別し、環境全体からリソースを再利用します。

再利用の場所

[ホーム] 画面の左側のペインで [キャパシティの最適化] の下にある [再利用] を選択します。[クイック スタート] 画面の左から 2 列目の [再利用] を選択します。

注: データセンターのグラフィックをダブルクリックすると、データセンターのオブジェクトの詳細画面が表示されます。

再利用の仕組み

キャパシティの最適化および再利用機能は、データセンターのワークロード ステータスとリソースの競合を環境全体で評価できる、緊密に統合された機能です。CPU、メモリ、ストレージのリソースが枯渇するまでの残り時間を確認できます。また、使用率の低い仮想マシンを再利用して必要な場所にデプロイできる場合に、コストを節約できます。

[再利用] ページを開くと、環境内のすべてのデータセンターとカスタム データセンターがグラフィカルに表示されます。デフォルトでは、それらのデータセンターが左上から残り時間順に表示されます。左上が最も制約が大きいデータセンターです。データセンターのステータスを確認するには、グラフィックをクリックします。後続の領域が更新されて、選択したデータセンターの詳細が表示されます。[節約できる可能性がある量] ペインは、キャパシティの潜在的な節約を反映しており、十分に使用されていないかパワーオフ状態の仮想マシンを再利用した場合のコスト節約分の推定を示します。[再利用可能なキャパシティの合計] ペインは、CPU、メモリ、およびディスク容量の再利用可能な割合の詳細を示します。

ページの下部の表は、最も多くのコストを節約できる仮想マシンに関する重要な情報を提供します。仮想マシンは、[パワーオン状態の仮想マシン][アイドル状態の仮想マシン][スナップショット ]、および[実体なしディスク] 別に一覧表示されます。最も高い優先順位の見出しが一番左になります。再利用アクションにどの情報を含めるかを指定できます。たとえば、列見出しをクリックすると、割り当て済みおよび再利用可能な CPU およびメモリが、データセンターごと、さらに仮想マシンごとに、それぞれ表にリストされます。次に、たとえば、1 つ以上の仮想マシン名の横にあるボックスをオンにし、[仮想マシンの除外] ボタンをクリックして、どの再利用アクションにもそれらの仮想マシンが含まれないようにすることができます。サイズ変更する仮想マシンを選択することもできます。

再利用設定

再利用設定をカスタマイズするには、ページ見出しの横にある歯車アイコンを選択します。これはすべてのデータセンターに影響を与えます。再利用設定を使用して、たとえば、スナップショットのチェック ボックスをオフにすることで、すべてのスナップショットが再利用アクションに含まれないように除外することができます。同様に、パワーオフ状態の仮想マシン、アイドル状態の仮想マシン、および実体なしディスクを含めるかまたは除外することができます。詳細については、 再利用設定 を参照してください。
注: ユーザーに [再利用設定] ページへの読み取り専用アクセスを供与するには、[アクセス コントロール] ページ([ロール] タブ)の [管理] > [アクセス] > [アクセス コントロール]で、ユーザー ロールを設定します。[再利用設定] ページを変更するためのアクセス権を付与するには、 [権限] ペインの [管理] > [管理][グローバル設定を管理] 権限を選択します。読み取り専用アクセス権を付与するには、 [グローバル設定を管理] 権限の選択を解除します。

再利用アクションの実行

再利用アクションを実行するには、次の手順に従います。
  1. 表見出しで、再利用する仮想マシンのタイプを [選択] します。
  2. リストされているクラスタの名前を [クリック] して、その仮想マシン リストを表示します。
  3. 再利用する各仮想マシンまたはスナップショットを [選択] します。
  4. [仮想マシンの削除] をクリックして、そのリソースを再利用します。
表 1. 再利用のオプション
オプション 説明

データセンターの選択。

ページ上部のカルーセルからデータセンターを選択します。すべてのデータは、選択したオブジェクトの情報で更新されます。

[すべてのデータセンター| X] 切り替え:フィルタリングされたすべてのデータセンターのリストのビューに切り替えるには、右上の [すべてのデータセンター] をクリックします。データセンターのカルーセル ビューに戻るには、[X] をクリックします。
表示: データセンター、カスタム データセンター、またはその両方を含むように結果をフィルタリングします右上の [すべてのデータセンター] を選択すると、オプションが表示されます。
次でグループ化: 重要度(残り時間が最も少ないデータセンター/カスタムデータセンター最初に表示されます)または各データセンターが所属する vCenter Server によって結果をフィルタリングします右上の [すべてのデータセンター] を選択すると、オプションが表示されます。
並べ替え基準:

オプション(右上の [すべてのデータセンター] を選択すると、オプションが表示されます)。

  • アラーム時計のグラフィック - データセンター/カスタム データセンターが時間順に表示されます。
  • ドル記号 - データデンター/カスタム データセンターが潜在的なコスト削減量の順で表示されます。
  • 定規のグラフィック - データデンター/カスタム データセンターが最適化レベルの順で表示されます。
データセンターを選択するか [新しいカスタム データセンターの追加] を選択します。

オプション(右上の [すべてのデータセンター] を選択すると、オプションが表示されます)。

  • ページ上部のカルーセルからデータセンターを選択します。すべてのデータは、選択したオブジェクトの情報で更新されます。
  • [新しいカスタム データセンターの追加] を選択するとダイアログ ボックスが表示されて、カスタム データセンターを定義できます。
節約できる可能性がある量。

画面上部からデータセンターまたはカスタム データセンターを選択すると表示されます。システムの再利用の推奨事項に同意すると、計算された潜在的なコスト削減量の合計が表示されます。

再利用可能なキャパシティの合計

未使用リソースを再利用した場合の、選択したデータセンターの潜在コスト節約分を一覧表示します。

リソース:CPU、メモリ、またはディスク容量

節約可能なキャパシティ:アイドル状態のリソースから再利用できるキャパシティ

再利用可能 (%):再利用できる CPU、メモリ、またはストレージの合計の割合。

次の継続時間を超過: アイドル状態またはパワーオフ状態が、選択した期間(1 週間、2 週間、または 1 か月)以上の間続いていたアイドル状態またはパワーオフ状態の仮想マシンを表示します。
潜在コスト節約表

選択したデータセンターの、リソースを再利用できる仮想マシン、アイドル状態の仮想マシン、スナップショット、および実体なしディスクが表形式で表示されます。

要素(パワーオフ状態の仮想マシン、アイドル状態の仮想マシンなど)の 1 つをクリックして、その要素のデータで表を更新します。この表には、関連するクラスタが一覧表示されます。特定のクラスタでホストされている仮想マシンを表示するには、クラスタ名の左側の山型マークをクリックします。

操作する仮想マシンの横にあるチェック ボックスをクリックします。列見出し「仮想マシン名」の横にあるチェックボックスをクリックすると、すべての仮想マシンを操作できます。

1 つまたは複数の仮想マシンを選択すると、次のように、表の上にある淡色表示のオプションが通常表示されます。

[仮想マシンの除外]:選択した仮想マシンは、後続のアクションから除外されます。仮想マシンを再利用アクションから除外すると、潜在的なコスト削減量を減らすことになります。

パワーオフ状態の仮想マシンの場合:
  • [仮想マシンの削除]:選択した仮想マシンを削除します。
  • [仮想マシンの除外]:選択した仮想マシンを除外します。
アイドル状態の仮想マシンの場合:
  • [仮想マシンの削除]:選択した仮想マシンを削除します。
  • [パワーオフ]:選択した仮想マシンをパワーオフします。
  • [仮想マシンの除外]:選択した仮想マシンを除外します。
スナップショットの場合:
  • [スナップショットの削除]:選択したスナップショットを削除します。
  • [仮想マシンの除外]:選択したスナップショットを除外します。

[除外された仮想マシンを表示|非表示]:以前に除外した仮想マシンのリストの表示と非表示を切り替えます。

注: デフォルトでは、再利用可能なリソースの計算はデマンド モデルに基づきます。ただし、ポリシー設定で割り当てモデルをオンにした場合、計算は割り当てモデルに基づきます。
実体なしディスクの場合:
  • [ディスクの除外]:選択したディスクをアクション可能なリストで除外します。
  • [すべてエクスポート]:実体なしディスクのリストを CSV ファイルにエクスポートします。実体なしディスクをユーザー インターフェイスから再利用することはできません。代わりに、リストを CSV ファイルにエクスポートしてから、実体なしディスクを手動で再利用します。
    注:

    vRealize Operations Cloud では、実体なし VMDK が消極的にレポートされます。使用されている VMDK が実体なしとしてレポートされる誤検出が発生する場合があります。特に、複数の VC 間で共有されているデータストア上に VMDK が配置されていて、一部の VC が vRealize Operations Cloud で監視されていない場合に発生します。

    実体なしディスクとしての VMDK のレポートが正しいことを確認してから、再利用を実行します。

[除外されたディスクを表示|非表示]:以前に除外したディスクのリストの表示と非表示を切り替えます。エクスポートした CSV ファイルには、除外されたディスクは含まれません。