[移行] は What-if 分析機能の一部であり、What-if シナリオの詳細を入力するためのフォームです。ワークロードの移行先を選択し、次にリージョンを選択します。

移行プランニングを確認できる場所

[What-if 分析] 画面で、[移行] ペインの [選択] をクリックします。

(VMC ではなく)パブリック クラウドに対して What-If:移行のシナリオを実行すると、ユーザーが選択したワークロード構成に適したパブリック クラウド インスタンスが vRealize Operations Cloud によって提案されることがあります。また、そのパブリック クラウドのインスタンスのコストも vRealize Operations Cloud によって計算され、それが表示されます。

表 1. 移行のオプション
オプション 説明
[シナリオ名] シナリオの名前
[クラウドの選択] ワークロードの移行先

オプション:

  • AWS
  • VMware Cloud on AWS - VMware Cloud on AWS のリージョンを選択できるようになりました。
  • IBM Cloud
  • Microsoft Azure
  • Google Cloud
注: [クラウド プロバイダの追加] ページで追加したクラウド プロバイダもリストに含まれます。

比較のために同時に選択できるパブリック クラウドは最大 3 つまでです。複数のパブリック クラウド プロバイダを選択するには、[Shift] キーを押したままにします。VMware Cloud on AWS を、比較のために他のパブリック クラウドとともに選択することはできません。これは、VMware Cloud on AWS の価格設定モデルがホストベースであるのに対し、他のクラウドはインスタンスベースであるためです。

[クラウド プロバイダの追加] クラウド プロバイダを追加または編集することや、個々のクラウド プロバイダのレート カードを編集することができます。
[APPLICATION] [PROFILE]/[構成] アプリケーション プロファイルを使用して、vCPU、メモリ、ストレージなどの仮想コンピューティング リソースを構成できます。
ワークロードの選択:
  • [CPU]
  • [メモリ]
  • [ディスク容量]
[構成] ラジオ ボタンが選択されていると、vCPU、メモリ、ストレージの値を定義して、移行するワークロードのサイズを設定できます。
[アプリケーション プロファイル]/[既存の仮想マシンからのインポート] [仮想マシンの選択] ボタンが表示されます。これを選択すると、[仮想マシン ワークスペースの選択] が表示され、ワークロードのテンプレートとして使用する既存の仮想マシンを 1 つ以上選択できます。仮想マシンは、名前、タグ、vCenter Server、またはカスタム グループでフィルタできます。

仮想マシンを選択したら、この画面に戻り、選択した仮想マシンごとに、ワークロードにテンプレートとして組み込む数量を入力します。

仮想マシンの数(オプション)/[数量] オプションで、ワークロードを分散する仮想マシンの数を選択できます。
[シナリオの実行] クリックしてシナリオを実行します。選択した場所にシナリオが適合するかどうかが計算されます。
[保存] シナリオを[保存]します。
[キャンセル] シナリオを[キャンセル]します。

VMware Cloud on AWS の評価 - 結果

シナリオを実行すると、シナリオの結果が表示されます。VMware Cloud on AWS の評価では、次のオプションを編集できます。
  • [構成の編集] - [予約済みの CPU キャパシティ]、[予約済みのメモリ容量]、[フォールト トレランス]、および [RAID レベル] の値の変更を編集し、値を元の構成に保存できます。
  • [プランの変更] - [プランの選択] オプションを使用してサブスクリプション プランを変更できます。使用可能なオプションは 1 年プラン、3 年プラン、または従量課金制です。
  • [割引の編集] - [割引の編集] オプションを使用して割引値を指定できます。サブスクリプションの総コストは、実際の使用コストから割引率を差し引いた値に等しくなります。