vRealize Operations Cloud 仮想マシンの選択したディレクトリにテンプレート CSV ファイルを作成し、選択した vCenter Server の仮想マシンの認証情報を入力することができます。

このアクションを実行する場所

サポートされるオブジェクトおよびオブジェクト レベルに対し、このアクションは vRealize Operations Cloud の次の場所で使用可能です。
  • [管理] タブで、[クラウド アカウント] から関連する [vCenter Server] を選択します。垂直の省略記号をクリックし、[オブジェクト詳細] を選択します。このアクションは、トップ メニューのすぐ下にある [アクション] メニューから実行できます。
注: このアクションは廃止され、次のリリースで削除されます。

[アクション] メニューの項目

  1. [CSV パスのエクスポート] に入力し、[アクションの開始] をクリックします。

    アクションのステータスは [履歴] > [最近のタスク]で確認できます。

  2. このアクションが成功したら、任意のリモート セッション ツールを使用して vRealize Operations Cloud 仮想マシンにログインし、エクスポートされたゲスト ユーザー マッピングの CSV テンプレートを編集します。
  3. 次のコマンドを実行して vRealize Operations Cloud 仮想マシンで使用可能な gpg ツールを使用して、ファイルを暗号化します。
    # cd <guestmappings file parent dir>
    
    # gpg --symmetric <guestmappings filename>
    1. サービス検出アダプタの構成でに [ゲスト ユーザー マッピング CSV] フィールドに入力した同じパスワードを入力します。

      gpg ツールにより、CSV ファイルの横に表示された、暗号化済みのプレーンテキストのカンマ区切り値ファイルである gpg ファイルが作成されます。