vRealize Operations for Horizon ソリューションのインストール後に、vRealize Operations for Horizon ライセンス キーを vRealize Operations Manager ユーザー インターフェイスで追加する必要があります。vRealize Operations for Horizon は、ライセンスが付与されるまで機能しません。

注:

また、vRealize Operations Manager に対してライセンス キーを追加する必要もあります。

vRealize Operations for Horizon には、評価ライセンス キーと製品ライセンス キーがあります。評価ライセンス キー (eval) では、製品を無制限で 60 日間使用できます。製品ライセンス キーは、有効期限日とライセンス数と一緒にエンコードされています。

vRealize Operations for Horizon を使用するには vRealize Operations for Horizon ライセンスが必要です。vRealize Operations for Horizon ライセンス キーを取得するには、http://my.vmware.com に移動します。vRealize Operations for Horizon ライセンスに加えて、vRealize Operations Manager ライセンスキーが必要です。

注:

2 つのライセンスの説明はよく似ています。

  • vRealize Operations for Horizon のライセンス タイプは Concurrent User (CCU) です。vRealize Operations Manager のライセンス タイプは Virtual Machine (VM) です。

  • Horizon View Enterprise のライセンス キーは、vRealize Operations for Horizon のライセンス キーとしても使用できます。

vRealize Operations for Horizon ライセンス キーを追加するには、vRealize Operations Manager ユーザー インターフェイスで 管理 > ライセンス を選択し、ライセンス キーを ライセンス キー タブの VMware Horizon Solution に追加します。

ライセンス キーの追加に関する詳細については、『vRealize Operations Manager Customization and Administration Guide』を参照してください。

vRealize Operations for Horizon ライセンス キーの有効期限が切れると、vRealize Operations for Horizon アダプタは vRealize Operations Manager へのデータの入力を停止します。ライセンス キーが有効でも、ライセンス数が超過すると、vRealize Operations Manager はアラートを生成し、特定のダッシュボード上に透かしが表示されます。ライセンス数が超過しても、Horizon アダプタはデータを制限しません。