vRealize Operations Managerでライセンス グループを編集して、Horizon オブジェクトと vRealize Operations for Horizon ライセンス キーを関連付ける必要があります。

このタスクについて

ライセンス グループは、特定のライセンス キーに、ライセンス グループ メンバーと呼ばれる特定のオブジェクトを集めるための方法です。デフォルトでは、オブジェクトは次のように分類されます。

Horizon ライセンス グループ

  • Horizon で使用される View ポッド、デスクトップ仮想マシン、すべてのホスト、クラスタ、データストア、およびデータセンター(存在する場合)が含まれます。

  • 上記以外のすべてのオブジェクトは除外されます。vSphere 仮想マシン、ホスト、クラスタ、データストア、およびデータセンターなどです。

製品ライセンス グループ

  • すべての vSphere 仮想マシン、ホスト、クラスタ、データストア、およびデータセンターが含まれます。

  • Horizon ライセンス グループに含まれるすべてのオブジェクトは除外されます。

それぞれのライセンス グループには、そのライセンス グループのメンバーとなるオブジェクトをフィルタリングするために使用できる、メンバーシップ基準が含まれます。vRealize Operations Managerおよび vRealize Operations for Horizon のライセンス グループのメンバーシップ基準を編集することで、特定のオブジェクトが vRealize Operations for Horizon ライセンス キーのみの対象となるように指定できます。

注:

Horizon キーが Named User ライセンス タイプの場合、ライセンス使用数は常に 0 です。

前提条件

vRealize Operations for Horizonライセンス キーを追加します。vRealize Operations for Horizon ライセンス キーの追加を参照してください。

手順

  1. vRealize Operations Managerユーザー インターフェイスにログインします。
  2. 左側のペインで、管理 > ライセンス を選択します。
  3. ライセンス グループ タブをクリックします。

    上部ペインにライセンス グループが表示されます。vRealize Operations for Horizonのライセンス グループは、VMware Horizon Solution ライセンス と呼ばれます。vRealize Operations Managerのライセンス グループは、製品ライセンス と呼ばれます。

  4. VMware Horizon Solution ライセンス グループのメンバーシップ基準を編集します。
    1. VMware Horizon Solution ライセンス を選択し、ツールバーで 編集 をクリックします。
    2. vRealize Operations for Horizonライセンス キーを VMware vRealize Operations for Horizon から選択して 次へ をクリックします。
    3. 最初の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで データストア を選択し、基準の 関係子孫である を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「View Pod」と入力します。
    4. 2 つ目の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで ホスト システム を選択し、基準の 関係子孫である を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Hosts」と入力します。
    5. 3 つ目の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで 仮想マシン を選択し、基準の 関係子孫である を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Desktop VMs」と入力します。
    6. 4 つ目の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで データストア を選択し、基準の 関係子孫である を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Storage」と入力します。
    7. 次へ をクリックし、次に 終了 をクリックして、構成を保存します。
  5. 製品ライセンス グループのメンバーシップ基準を編集します。

    VMware Horizon Solution ライセンス グループに含めたオブジェクトを除外するように、製品ライセンス グループのメンバーシップ基準を編集する必要があります。

    1. 製品ライセンス を選択して、ツールバーで 編集 をクリックします。
    2. vRealize Operations Managerライセンス キーを vRealize Operations Manager から選択して、次へ をクリックします。
    3. 最初の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで ホスト システム を選択し、基準の 関係子孫でない を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Hosts」と入力します。
    4. 2 つ目の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで 仮想マシン を選択し、基準の 関係子孫でない を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Desktop VMs」と入力します。
    5. 3 つ目の 次の基準のすべてに適合するオブジェクト タイプを選択してください ドロップダウン メニューで データストア を選択し、基準の 関係子孫でない を定義し、オブジェクト名 テキスト ボックスに「All Storage」と入力します。
    6. 次へ をクリックし、次に 終了 をクリックして、構成を保存します。