デスクトップ メッセージ サーバへの接続には、その接続が有効な Desktop Agent からのものであることを検証するための認証トークンが必要です。

Desktop Agent は、各リモート デスクトップの一意の認証トークンを生成します。さらに、Desktop Agent は Horizon サーバの serverID を生成し、serverID を vRealize Operations Manager に書き込みます。Desktop Agent が vRealize Operations for Horizon アダプタにデータを送信しようとすると、アダプタは認証トークンがメモリにキャッシュされているかどうかを確認します。

同じ名前のサーバがない場合、アダプタはサーバ名と認証トークンをメモリにキャッシュします。サーバがキャッシュされると、キャッシュされた認証トークンと送信された認証トークンが比較されます。トークンが同じ場合はメッセージを受け入れ、同じでない場合は Desktop Agent メッセージを拒否します。vRealize Operations for Horizon アダプタはまた、同一の serverID の仮想マシンが vRealize Operations Manager に存在するかどうかを確認し、同一の名前の仮想マシンが存在する場合は仮想マシンを配置に追加します。