ブローカー メッセージ サーバへの RMI 接続が確立されると、ブローカー メッセージ サーバはクライアント認証を実行するためにクライアントからの証明書を要求します。証明書が View アダプタのトラスト ストアで検証されてから、接続が続行されます。クライアントが証明書を提供しない場合、または Broker Agent の証明書が検証できない場合、接続は拒否されます。

Broker Agent を初めてインストールする際に、自己署名証明書が生成されます。Broker Agent はデフォルトでこの自己署名証明書を使用して View アダプタの認証を行います。この証明書は動的に生成されるため、Broker Agent が View アダプタと通信できるようにするには、あらかじめ View アダプタと Broker Agent を手動でペアリングする必要があります。詳細については、証明書のペアリング を参照してください。