View アダプタの証明書とトラスト ストアのファイルは、アダプタの work ディレクトリにあります。これらのファイルは、Java キー ストア フォーマットです。

work ディレクトリは、View アダプタがインストールされているノード上にあります。Linux の場合、work ディレクトリへのパスは、/usr/lib/vmwarevcops/user/plugins/inbound/V4V_adapter3/ です。Windows の場合、work ディレクトリへのパスは、C:\vmware\vcenteroperations\user\plugins\inbound\V4V_adapter3\ です。

Java keytool ユーティリティを使用して、証明書ストアとトラスト ストアのファイルの表示と管理ができます。

表 1. work ディレクトリ内の Java キー ストア
Java キー ストア 説明
v4v-adapter.jks エージェントに対して自身を認証するためにアダプタにより使用される証明書を格納します。
v4v-truststore.jks Broker Agent 証明書を認証するためにアダプタにより使用されるトラスト ストアを格納します。
キー ストア ファイルの名前とそれぞれの認証情報は、 msgserver.properties ファイル内に定義されています。このファイルも work ディレクトリ内にあります。
表 2. msgserver.properties ファイルに含まれるアダプタのキー ストア構成プロパティ
プロパティ デフォルト値 説明
keyfile v4v-adapter.jks アダプタの証明書を格納するキー ストア ファイルの名前。
keypass アダプタの証明書を格納するキー ストア ファイルのパスワード。パスワードは動的に生成されます。
trustfile v4v-truststore.jks アダプタのトラスト ストアを格納するキー ストア ファイルの名前。
trustpass アダプタのトラスト ストアを格納するキー ストア ファイルのパスワード。パスワードは動的に生成されます。