オブジェクトによっては、エージェントがオブジェクトからのデータ収集を停止した後も、ダッシュ ボードに継続的に表示されることがあります。このようなオブジェクトがクリーンアップされるまでの時間を設定できます。

手順

  1. vRealize Operations Manager マスター ノードの /usr/lib/vmware-vcops/user/plugins/inbound/V4V_adapter3/conf/v4v.properties ファイルを開きます。
  2. 該当するクリーンアップ時間を指定するパラメータの値を変更します。
    値は日数で指定します。期間が 1 日未満の場合は、浮動小数点数を入力します。たとえば、0.5 は 12 時間、0.0417 は 1 時間です。値を空白にすると、オブジェクトはクリーンアップされません。
    パラメータ デフォルト値 説明
    timeToExpire.VirtualMachine 30 仮想マシン
    timeToExpire.UserDesktop 30 VDI セッション
    timeToExpire.RDSSession 30 RDS セッション
    timeToExpire.AppSession 30 アプリケーション セッション
    timeToExpire.RDSApplication 30 ホストされているアプリケーション
    timeToExpire.ViewNetwork 30 View ネットワーク オブジェクトをクリーンアップします。
    timeToExpire.DesktopApplicationInstance 30 デスクトップ アプリケーション インスタンス
    timeToExpire.User ユーザー
    timeToExpire.ViewPool VDI プール
    timeToExpire.AppPool アプリケーション プール
    timeToExpire.RDSPool RDS プール
    timeToExpire.RDSFarm RDS ファーム
    timeToExpire.RDSServer RDS サーバ
  3. vRealize Operations Manager ユーザー インターフェイスに管理者でログインします。
  4. メニューで、[管理] タブをクリックし、左側のペインで [ソリューション] をクリックします。
  5. 上部のペインで [ VMware Horizon] を選択し、下部のペインに表示されている各アダプタで収集を再開します。

結果

オブジェクトは、1 時間後にダッシュ ボードからクリーンアップされ、2 時間後には vRealize Operations Manager からクリーンアップされます。