セキュリティのベスト プラクティスとして、すべての vRealize Suite Lifecycle Manager アプライアンスとコンポーネントで VMware ガイドラインに従ってポートおよびプロトコルを構成します。

必要なポートおよびプロトコル

vRealize Suite Lifecycle Manager は、次のポートが完全に機能するために開いている必要があります。不要なポートおよびプロトコルをすべて無効にします。

注: vRealize Suite Lifecycle Manager 8.x 以降の場合は、 vRealize Suite Lifecycle Manager と管理される製品との間で ICMP プロトコルを有効にする必要があります。
サーバ ポート
vRealize Suite Lifecycle Manager アプライアンス 443
SSH および SFTP 22