SSH をトラブルシューティングの目的で有効にできます。

ベスト プラクティスとして、本番環境で SSH を無効にし、その他の方法で解決できない問題をトラブルシューティングする場合にのみ有効にします。特定の目的で、組織のセキュリティ ポリシーに従って必要な間だけ有効にします。コンテンツ管理が有効になっている場合、SSH は自動的に有効になり、無効にすることはできません。SSH を強制的に無効にすると、コンテンツ ライフサイクル管理機能の障害が発生します。

手順

  1. vRealize Suite Lifecycle Manager ダッシュボードで、[ライフサイクル操作] をクリックして、[設定] をクリックします。
  2. [システム詳細] をクリックし、[ネットワーク情報] で [ホスト名][IP アドレス][IP アドレス タイプ][ネットマスク]、および [ゲートウェイ] のフィールドに入力します。
  3. [優先 DNS][代替 DNS アドレス] を入力します。
    注: SSH はデフォルトで有効になっています。
  4. [保存] をクリックします。