vRealize Automation の既存インスタンスをインポートすることができます。

グローバル環境を作成する場合は、vRealize Suite Lifecycle Manager を最初にインストールするときにこの手順をスキップしていれば、VMware Identity Manager をインストールするように求められます。VMware Identity Manager をインストールするには、vRealize Suite Lifecycle Manager での VMware Identity Manager のインストールを参照してください。vRealize Automation 8.0 の既存環境をインポートするには、vRealize Suite Lifecycle Manager にある VMware Identity ManagervRealize Automation に登録されている VMware Identity Manager と同じであることを確認します。vRealize Suite Lifecycle ManagerVMware Identity ManagervRealize Automation の両方に同じ構成管理者ユーザーを使用してください。

前提条件

必要な IP アドレス認証情報があることを確認します。

手順

  1. [環境の作成] 画面で環境を作成した後に、製品カードで vRealize Automation チェック ボックスをオンにします。
  2. [インポート] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  3. [製品の詳細] で、vRealize Automation プロパティを構成するために必要なフィールドに入力して、[インポート] するバージョンを選択します。
  4. 8.x を選択した場合
    1. プライマリ ノードのホスト名を指定します。
    2. [プライマリ ノードの root パスワード] を選択します。
      注: ノードごとに異なるパスワードが設定されている場合、インポート申請は失敗します。失敗した各申請を再試行するときに、正しいパスワードを指定できます。
    3. 製品ノードが配置されている [vCenter Server] を選択します。vRealize Automation の構成の詳細については、vRealize Automation の構成中の留意事項を参照してください。
  5. 7.x を選択した場合
    1. [vCenter Server] で vCenter Server インスタンスを選択します。
    2. [次へ] をクリックして、概要を確認します。
    vRealize Automation をインポートする場合は、 vRealize Automation およびアプリケーションに関する特定の詳細を入力する必要があります。このような入力の 1 つが、デフォルトのテナント管理者パスワードです。デフォルト テナントは vsphere.local に設定されていて、編集できません。 vRealize Automation のセットアップで vsphere.local テナントが構成されていない場合は、編集がブロックされる可能性があります。この主な原因としては、インストール中に設定不要のサンプル コンテンツの構成を選択した可能性があることが挙げられます。 [デフォルトのテナント管理者パスワード] フィールドにシステム管理者のパスワードを入力して、インポートを続行する必要があります。
  6. [送信] をクリックします。