vRealize Suite Lifecycle Manager 管理者は、vRealize Suite Lifecycle Manager インスタンスの証明書を変更できます。

前提条件

使用可能な既存の vRealize Suite Lifecycle Manager 証明書があることを確認します。

手順

  1. [マイ サービス] ダッシュボードで、[ライフサイクル操作] をクリックします。
  2. [設定] に移動し、[証明書の変更] をクリックします。
    vRealize Suite Lifecycle Manager によって使用される証明書の詳細が表示されます。
  3. 証明書を置き換えるには、[証明書の置き換え] をクリックします。
    1. 現在の証明書のサマリを読み、[次へ] をクリックします。
    2. ドロップダウン メニューから証明書を選択し、[次へ] をクリックします。
    3. [事前チェックの実行] をクリックして証明書の詳細を検証し、[完了] をクリックします。
  4. [完了] をクリックした後、証明書の変更の進行状況を [申請の詳細] 画面で確認できます。