テナント対応の vRealize Automation にアクセスするには、vRealize Automation テナントの FQDN を使用する必要があります。テナント対応の vRealize Automation を単一ノードからロード バランサの背後にある 3 ノード クラスタにスケール アウトするには、DNS と証明書の要件を満たすよう変更する必要があります。

テナントの FQDN の詳細については、マルチテナント モデルを参照してください。スケールアウトした後、vRealize Automation テナントにアクセスするには、ロード バランサ テナントの FQDN と DNS を使用する必要があります。それに応じて、証明書は変更されます。vRealize Suite Lifecycle Manager のユーザー インターフェイスから vRealize Automation 8.x をスケールアウトする前に考慮する必要がある手動操作の前提条件として、同じ推奨事項がユーザーに表示されます。