Windows コネクタのスケールアウトを選択することができます。

前提条件

コネクタがインストールされる Windows システムに関する次の前提条件に従います。
  • サポート対象の JRE バージョンは、8 Update 181 ~ 8 Update 251 です。
  • サポート対象の .NET framework のバージョンは 4.6.0 です。
  • サポート対象の Windows Server のバージョンは、2012 R2、2016、および 2019 です。
  • 移行には一意の Windows システムを用意して、ドメイン サーバに接続する必要があります。

手順

  1. [環境] に移動し、[環境] 画面で [コンポーネントの追加] をクリックします。
  2. [インフラストラクチャ] の詳細を入力して、[次へ] をクリックします。
  3. [ネットワーク] の詳細を入力し、[次へ] をクリックします。
    プライマリ ノードと追加コンポーネントで同じデフォルト ゲートウェイが使用されていて、互いに接続されていることを確認します。
  4. [製品のプロパティ] に証明書の詳細が自動的に入力されます。
  5. [コンポーネント] タブで、[Windows コネクタ] を選択します。
    1. [Windows 仮想マシン名] を入力します。
    2. [FQDN] を入力します。
    3. ユーザー定義の Windows [コネクタ名] を入力し、[コネクタ管理者のパスワード] を選択します。
    4. [ドメイン管理者] の詳細を入力します。
  6. [] をクリックして、事前チェックを実行します。
  7. [送信] をクリックします。