コンテンツがソース制御エンドポイントにチェックインされた後、コンテンツをチェックアウトしてコンテンツ エンドポイントに展開できます。ソース制御からチェックアウトしたコンテンツは、参照のために Git ハッシュ コードでマークされます。

前提条件

コンテンツがソース制御エンドポイントにチェックイン済みであることを確認します。ソース制御エンドポイントへのコンテンツのチェックインを参照してください。

手順

  1. [マイ サービス] ダッシュボードで、[コンテンツ管理] をクリックします。
  2. [コンテンツ] で、[コンテンツの追加] をクリックします。
    注: コンテンツはインラインでもチェック アウトできます。
  3. コンテンツ パッケージのキャプチャに加えてテストまたは展開を実行するか選択し、[続行] をクリックします。
  4. コンテンツ パッケージのキャプチャの詳細を入力します。
    1. [キャプチャ エンドポイントの選択] ドロップダウン メニューから、コンテンツをキャプチャする元のソース制御エンドポイントを選択します。
    2. 最初にキャプチャしたときの依存関係ではなく最新のコンテンツ依存関係を取得するには、[最新のコンテンツを取得] を選択します。
    3. コンテンツ タイプ、およびキャプチャするコンテンツを選択します。
    4. [すべての依存関係を含める] を選択すると、コンテンツに関連付けられているすべての依存関係がキャプチャされます。
      依存関係は、ソース制御エンドポイントではなく vRealize Suite Lifecycle Manager に格納されます。
    5. コンテンツを本番環境で使用する準備が整ったら、[このバージョンを稼動準備完了とマーク] を選択します。
    6. このコンテンツ バージョンの説明を [コメント] フィールドに入力します。
    7. [次へ] をクリックします。
  5. コンテンツ エンドポイントのテストの詳細を入力します。
    このオプションは、コンテンツ パッケージをテストすることを選択した場合にのみ表示されます。
    1. 1 つ以上のコンテンツ エンドポイントを選択して、テストを実行する環境を指定します。
    2. テストを実行する前に、[コンテンツの展開] を選択してコンテンツをエンドポイントに展開します。
    3. エラーが発生したら直ちにテスト展開を停止する場合は、[1 回目の失敗でテスト展開を停止] を選択します。
    4. コンテンツに対して使用可能な単体テストがある場合に実行するには、[単体テストの実行] を選択します。
    5. いずれかの単体テストが失敗したらテストを停止する場合は、[1 回目の失敗で単体テストを停止] を選択します。
    6. [単体テスト サーバの選択] ドロップダウン メニューから、単体テストを実行するサーバを選択します。
      単体テスト サーバを使用するには、vRealize Orchestrator テスト パッケージがインポートされている必要があります。
    7. [次へ] をクリックします。
  6. コンテンツ パッケージの展開の詳細を入力します。
    このオプションは、コンテンツ パッケージをテストすることを選択した場合にのみ表示されます。
    1. [リリース エンドポイントの選択] ドロップダウン メニューから 1 つ以上のコンテンツ エンドポイントを選択して、システムがコンテンツをリリースする本番環境を指定します。
    2. システムで障害が発生したら直ちに展開を停止するには、[1 回目の失敗でリリース展開を停止] を選択します。
    3. コメントの記入は必須なので、コンテンツをリリースする理由を説明するコメントを [リリース コメント] フィールドに入力します。
  7. [送信] をクリックします。

結果

vRealize Suite Lifecycle Manager は、ソース制御エンドポイントのコンテンツをキャプチャし、コンテンツ カタログに新しいバージョンのコンテンツを作成します。このバージョンは [SourceControl が有効] とマークされます。これは、コンテンツ エンドポイントに展開するときにコンテンツの状態を vRealize Suite Lifecycle Manager に示して、コンテンツが適切な時点でチェックインされるようにするためです。

次のタスク

ソース制御を使用していて、複数のキャプチャ コンテンツ エンドポイントがある場合、コンテンツ カタログに基づく展開コンテンツのみが [SourceControl が有効] とマークされます。これは、コンテンツ エンドポイントに展開するときにコンテンツの状態を示して、コンテンツが適切な時点でチェックインされるようにするためです。