vRealize Automation を環境内でアップグレードする前に、製品ユーザー インターフェイスから検証前チェックをトリガできます。vRealize Automation アップグレードを評価し、後でアップグレード操作を許可できます。また、製品の互換性マトリックスを検証する必要があるかどうかも検証できます。

前提条件

[環境の管理] に古いバージョンまたは既存のバージョンの vRealize Automation インスタンスがあることを確認します。

手順

  1. 既存の vRealize Automation 製品の垂直方向の省略記号を右クリックし、[アップグレード] を選択します。
    互換性マトリックスの情報と一緒に、アップグレードが必要な製品と互換性のある新しいバージョンおよび互換性がないバージョンがロードされます。
  2. [VA アップグレード後の IAAS スナップショット] チェックボックスを選択します。
    vRealize Automation 後に IaaS コンポーネントに障害が発生した場合は、アップグレード後の仮想アプライアンス スナップショットに戻します。
  3. [製品の詳細] セクションで、次のリポジトリ タイプを選択できます。
    オプション 説明
    リポジトリの URL このオプションを選択すると、ローカル アップグレード ファイルを格納する Lifecycle 仮想アプライアンス内の場所を手動で追加できます。
    VMware リポジトリ このオプションを選択すると、互換性マトリックスの表に vRealize Suite 製品の最新バージョンが表示されます。このオプションは、vRealize Automation でのみ表示できます。ただし、互換性マトリックスの情報は Suite 製品レベルで入力されるため、最新バージョンは vRealize Suite Lifecycle Manager で入手できない可能性があります。[使用可能なバージョンのチェック] を使用すると、ビルド番号が関連付けられている最新のバージョン番号のみを取得できます。
    vRealize Suite Lifecycle リポジトリ このオプションを選択すると、LCM を介してバイナリをマッピングした後に使用可能なアップグレード パスを選択できます。
  4. [事前チェックの実行] をクリックし、実行します。
    事前チェックの検証が完了したら、レポートをダウンロードしてチェックと検証のステータスを確認できます。
    注: 不一致を評価した後に事前チェックを再実行する場合は、 [事前チェックの再実行] を選択します。事前チェックは、 [送信] 切り替えボタンを使用して実行することもできます。
  5. [次へ] をクリックしてサマリを読んでから、[送信] をクリックします。