vRealize Automation コンポーネントがインストールされる前でも、Infrastructure as a Service (IaaS) Windows Server で事前検証を実行するために、vRealize Suite Lifecycle Manager エージェントが使用されます。vRealize Suite Lifecycle Manager エージェントは Windows サービスとして実行されます。Windows Server は、特定されたノードとして vRealize Suite Lifecycle Manager アプライアンスに登録されます。すべての Windows Server は、vRealize Suite Lifecycle Manager のノードとして登録されます。

ユーザーが事前検証を開始すると、LCM エージェントが展開され、一部の構成メタデータとともにすべての Windows Server にブートストラップされます。エージェント バイナリは、Windows マシンのデフォルトのフォルダ C:\Program Files (x86)\VMware\LCMAgent\ に保持されます。

エージェント バイナリがプッシュされると、バイナリをポイントする vRealize Suite Lifecycle Manager エージェント サービスの名前でサービスが開始され、このバイナリによって、最終的にエージェントが開始されます。エージェントはプルベースで動作し、vRealize Suite Lifecycle Manager アプライアンスでポーリングして、現在のノードが実行されるためにタグ付けされたコマンドがあるかどうかが確認されます。コマンドを受信すると、エージェントは状態の変更ごとにコマンドを更新し、最後に完了後に結果を更新します。事前検証が完了すると、エージェント サービスが停止します。

vRealize Suite Lifecycle Manager エージェントのアンインストール

事前チェックに使用される Windows Server は一意に登録されるため、vRealize Suite Lifecycle Manager アプライアンスの別のインスタンスで同じサーバを使用するには、エージェントをアンインストールする必要があります。アンインストール手順については、ナレッジベースの記事KB58871を参照してください。