vRealize Business for Cloud のインスタンスを vRealize Suite Lifecycle Manager にインポートすることができます。

前提条件

必要な IP アドレス認証情報があることを確認します。

手順

  1. [環境の作成] で環境を作成した後に、製品カードで vRealize Business for Cloud チェック ボックスをオンにします。
  2. [インポート] を選択して、[次へ] をクリックします。
  3. vRealize Business for Cloud[FQDN] を入力し、既存の Locker エントリから [root のパスワード] を選択します。Locker にパスワードが設定されていない場合は、Locker にエントリを作成できます。ウィンドウの右上隅にある [パスワードの追加] をクリックします。
  4. vRealize Business for Cloud インスタンスの有効な認証タイプを選択します。
    1. 認証タイプがスタンドアローンの場合は、先に進んで、有効な vCenter Server を選択します。
    2. 認証タイプが VMware Identity Manager の場合は、Identity Manager の [FQDN]、管理者の [ユーザー名] を指定して、管理者の [ユーザー パスワード] を選択します。
    3. 認証タイプが vRealize Automation の場合は、[vRA Cafe の FQDN][vRA Cafe SSO の管理者ユーザー名] に関連する詳細を入力し、事前入力されたパスワードのリストから [vRA Cafe SSO のパスワード] を選択します。
  5. リストから有効な vCenter Server を選択します。vRealize Business for Cloud インスタンスのコレクタ ノードが複数の vCenter Server に分散している場合は、これらの vCenter Server をすべて選択する必要があります。そうしないと、インポート操作は失敗します。
  6. [次へ] をクリックして、概要を確認します。
  7. [送信] をクリックしてインポートします。