vRealize Suite Lifecycle Manager を使用してインストールされた、Postgres クラスタ化された VMware Identity Manager で、pgpool ログに対してログ ローテーションを有効にすることができます。

問題

du -hsc /var/log/pgService/pgService* で示されるディスク使用率の合計が、コマンド df -h の出力で示される /dev/sda4 のディスク容量合計の 50% を超えています。

解決方法

  1. コマンド find /etc/logrotate.d -iname pgservicelog の実行時に応答が /etc/logrotate.d/pgservicelog である場合、以下のコマンドを実行します。
    1. touch /etc/cron.d/rotatePgserviceLogs
    2. echo "*/45 * * * * root /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.d/pgservicelog" > /etc/cron.d/rotatePgserviceLogs
    3. VMware Identity Manager 3.3.2 の場合:/etc/init.d/cron restart

      VMware Identity Manager 3.3.3 以降の場合:systemctl restart crond

  2. コマンド find /etc/logrotate.d -iname pgservicelog の実行時に応答がない場合、以下のコマンドを実行します。
    1. touch /etc/cron.d/rotatePgserviceLogs
    2. touch /etc/logrotate.d/pgservicelog
    3. echo "/var/log/pgService/pgService.log {

      copytruncate

      rotate 6

      compress

      missingok

      size 50M

      }" > /etc/logrotate.d/pgservicelog

    4. echo "*/45 * * * * root /usr/sbin/logrotate /etc/logrotate.d/pgservicelog" > /etc/cron.d/rotatePgserviceLogs
    5. VMware Identity Manager 3.3.2 の場合:/etc/init.d/cron restart

      VMware Identity Manager 3.3.3 以降の場合:systemctl restart crond