vRealize Business for Cloud を環境内でアップグレードする前に、製品ユーザー インターフェイスから検証前チェックをトリガできます。

手順

  1. 既存の vRealize Business for Cloud 製品の垂直方向の省略記号を右クリックし、[アップグレード] を選択します。
    互換性マトリックス情報は、アップグレードが必要な製品の新しいバージョン、互換性があるバージョン、互換性がないバージョンと一緒にロードされます。
  2. [製品の詳細] セクションで、次のリポジトリ タイプを選択できます。
    オプション 説明
    リポジトリの URL このオプションを選択すると、ローカル アップグレード ファイルを格納する Lifecycle 仮想アプライアンス内の場所を手動で追加できます。
    vRealize Suite Lifecycle リポジトリ このオプションを選択すると、Lifecycle Manager を介してバイナリをマッピングした後に使用可能なアップグレード パスを入力できます。
  3. [次へ] をクリックします。
  4. [事前チェックの実行] をクリックしてファイル形式と [LCM からのバージョン サポート] を実行します。
    事前チェックの検証が完了したら、レポートをダウンロードしてチェックと検証のステータスを確認できます。
    注: 不一致を評価した後に事前チェックを再実行する場合は、 [事前チェックの再実行] を選択します。事前チェックは、 [送信] 切り替えボタンを使用して実行することもできます。